ルノー(企業)

グループ・ルノーは様々な自動車を生産しており、過去にはトラック、トラクター、戦車、バス・コーチ、航空機・航空機用エンジン、オートレール車両などを製造してきた。

パリ近郊のブローニュ・ビヤンクールに本社を置くルノーグループは、ルノーの名を冠したブランドとその子会社であるアルピーヌ、ルノー・スポール(ゴルディーニ)、ルーマニアのオートモービル・ダチア、韓国のルノー・サムスン・モーターズ、ロシアのアフトヴァズで構成されている。

Renault は、子会社 RCI Banque (自動車金融)、Renault Retail Group (自動車流通)、Motrio (自動車部品) も保有している。また、Renault は Oyak-Renault (トルコ)、Renault Pars (イラン) など、様々な合弁事業を展開している。フランス政府は、ルノーの15% の株式を保有している。

Renault Trucks (旧名 Renault Véhicules Industriels) は、2001年から Volvo の傘下に入っている。Renault Agriculture は、2008年にドイツの農機具メーカー CLAAS の 100% 出資となった。

ルノーと日産は共同で、2011年から3~4年かけて8台の電気自動車に40億ユーロ(51.6億米ドル)を投資した。

ルノーはモータースポーツ、特にラリー、F1、フォーミュラEでの役割で知られており、車体の数学的カーブモデリングに関する初期の研究は、コンピュータグラフィックスの歴史において重要である。

内容
1 歴史
1.1 創立と初期(1898年~1918年
1.2 戦間期(1919年~1938年
1.3 第二次世界大戦とその余波(1939年~1944年
1.4 戦後の復活(1945年~1971年
1.5 近代
1.6 リストラ(1981年~1995年
1.7 民営化と同盟時代(1996年~2020年
1.8 (2021)
1.9 イノベーション
2 モータースポーツ
2.1 フォーミュラ・ワン
2.2 ラリー
3 財務データ
4 コーポレートガバナンス
5 製品・技術
5.1 現行モデル
5.2 コンセプトカー
5.3 電気自動車
5.4 エコ²の取り組み
5.5 R-Link
5.6 自律走行車
6 車両設計
6.1 デザイン
6.1.1 「事前設計」の時代
6.1.2 ルノーのスタイリング
6.1.3 工業デザイン部
6.2 エンジニアリングと製品企画
6.3 テクノセンター
6.4 ルノー・テック
7 子会社及び関連会社
7.1 子会社
7.1.1 AvtoVAZ
7.1.2 ダチア
7.1.3 ルノーサムスン自動車
7.1.4 RCI バンク
7.1.5 ルノー・リテールグループ
7.1.6 製造子会社
7.1.6.1 フランスの工場
7.1.6.2 フランス国外の製造子会社
7.2 アライアンス
7.2.1 ルノー・日産・三菱
7.2.1.1 ルノー・日産・三菱・ダイムラーアライアンス
7.2.2 アメリカンモーターズ
7.2.3 提案されたアライアンス
8つの賞
9 マーケティングとブランディング
9.1 ルノーバッジ
9.2 書体
9.2.1 ルノーMN
9.2.2 ルノー・アイデンティティ
9.2.3 Helvetica
9.2.4 ルノーのライフ
9.3 ラトリエ・ルノー・パリ
9.4 ルノー・クラシック
9.5 音楽
9.6 スポンサーシップ
10 参照
11 参考文献
12 続きを読む
13 外部リンク
歴史
創業・初期(1898年~1918年

1903年のルイ・ルノー
ルノー社は、1899 年 2 月 25 日にルイ・ルノーと兄弟のマルセルとフェルナンによって Société Renault Frères(ソシエテ・ルノー・フレール)として設立された。

最初のルノー車であるルノー・ヴォワチュレット1CVは、1898年12月24日に試乗させた後、ルイの父親の友人に売却された。

1901年 ヴォワチュレット ルノー タイプD セリエB

1911年式ルノーCC
1903 年、ルノーは自社エンジンの製造を開始したが、それまでは De Dion-Bouton からエンジンを購入していた。最初の大量販売は1905年に行われた。 この車両は後にフランス軍によって第一次世界大戦中に軍隊の輸送に使用され、「Taxi de la Marne」の愛称で呼ばれるようになった。

兄弟は、モーターレースに参加することで自分たちの車の宣伝になることを認識していた。ルノーはスイスで開催された最初の都市対抗レースに成功することで知名度を高め、急速に売上を伸ばしていった。ルイとマルセルはともに社用車に乗っていたが、マルセルは1903年のパリ・マドリードでのレース中に事故死したを獲得するなど、ルイの会社は大きな関与を続けた。

1906年、フェルナンが健康上の理由で引退すると、ルイは唯一残された兄弟として会社の全権を握った。

ルノーは早くから革新性に定評がありました。当時の自動車は、組立ラインの進歩なしに製造された高級品であった。当時の最小のルノーの価格は3000フラン(約20A3万円)で、これは平均的な労働者の10年分の給料に相当する金額であった。1905年には大量生産技術を導入し、1913年にはテイラー主義を導入した。

ルノーは戦前にバスや商用貨物車を製造していた。第一次世界大戦中は、弾薬、軍用航空機エンジン。

戦間期

ルノー・セルタクワトル 1935年
ルイ・ルノーは1918年以降、ルノーの範囲を拡大し、農業機械や産業機械を生産した。1914年から1918年にかけての戦争により、多くの新製品が生まれた 。ルノーは、ますます人気が高まっている小型で手頃な価格の「人民用自動車」との競争に苦戦する一方で、米国の株式市場や労働力の問題が会社の成長を鈍らせた。ルノーはまた、自動車をより効率的に流通させる方法を見つけなければならなかった。1920年、ルイはフランス・アミアン出身の実業家ギュスターヴ・グーデと最初の販売契約を結びました。

第一次世界大戦前の車は、ラジエーターをエンジンの後ろに配置することで、いわゆる「コール・スカトル」と呼ばれるボンネットのような特徴的なフロント形状をしていた。これは1920年代まで続いた 。ボンネットバッジは1925年に円形からお馴染みの菱形に変更された。エンジンの後ろにラジエーターを設置する習慣は、1950年代から1960年代にかけて、エンジンを車両の後部に縦置きした車両でも継続された。

ルノーは、その年の9月か10月に開催されたパリモーターショーで新型車を発表した。このため、モデルイヤーについて混乱が生じた。例えば、「1927年」というモデルは1928年に生産されたものがほとんどだった。

この時期のルノーの車は、1930年代に「Quatre」という接尾語になったエコノミー4気筒エンジンモデルと、当初は「-six」という接尾語で販売され、後に「Stella」という接尾語になったラグジュアリー6気筒モデルの2つのモデルラインを持っていました。例えば、ルノーが45,809台を生産した1928年には、6CV、10CV、モナシックス、15CV、ヴィヴァシックス、18/22CV、40CVの7モデルからスタートしていた。ルノーは8つのボディスタイルを提供した。より長いローリングシャーシは、コーチビルダーに提供された。小型のものが最も人気があったが、生産台数が少ないのは 18/24CV であった。各レンジで最も高価なボディスタイルはクローズドカーであった。ロードスターとツアラー(魚雷)が最も安価だった。

ルノー リナステラ
1928年、ルノーにとってロンドンでの操業は重要な意味を持っていた。英国市場は非常に大きく、北米も高級車市場向けに輸出を受けていた。サスペンションのリフトアップ、冷却装置の強化、特殊ボディの採用などが、海外で販売された車両では一般的であった。アメリカへの輸出は、第一次世界大戦前の最盛期から1928年にはゼロに近い水準にまで落ち込んでいた。NM型40CVツアラーのアメリカでの定価は4,600ドル以上、今日では68492ドルで、キャデラックV-12、フィアット520、デラヘイとほぼ同じくらいの価格であった。ルノー・スープラステラのようなクローズド7人乗りリムジンは6,000ドル(今日では89337ドル)からで、キャデラックV-16ロードスターの5,300ドルよりも高かった。

車は保守的に設計され、作られていました。ルノー・ヴィヴァシックス(PG1型)は、1927年から「エグゼクティブ・スポーツ」モデルとして販売された。3,180立方センチメートル(cc)の6気筒モーターを搭載した、より軽量なスチール製の工場製ボディは、第二次世界大戦まで続きました。

ホイールベースが12フィート(3.7m)を超える “グラン・リュクス・ルノー “は、6気筒と8気筒の2つの主要なタイプで少量生産されました。1927年に生産された6気筒のグラン・ルノーNM、PI、PZでは、時速140kmを超える車両もあったため、安定性を大幅に向上させるために、新しい3本のスプリング・リア・サスペンションが導入されました。

直列8気筒のラインナステラは1929年に導入され、1939年にはスープラステラを頂点とするラインアップに拡大されました。コーチビルダーには、ケルナー、ラボーデット、J.ロスチャイルド・エ・フィルス、ルノーのボディが含まれていました。クローズドカーのルノーボディには、ロスチャイルドによる内装の木工細工が施されていました。

ルノー・ビバ・グラン・スポールとエレーヌ・ブーシェ。1930年代には、ルノーは6気筒エンジンと空力設計のおかげで、コードロン機でいくつかのスピード世界記録を樹立した。
1928年、ルノーは「ステラ」ラインにアップグレード仕様を導入。ヴィヴァステラとグランド・ルノーには、インテリアがアップグレードされ、フロントフードのロゴの上に小さなスターが取り付けられていた。これは差別化に成功し、1930年代にはすべての車がそれまでの2つのアルファ文字のモデルアイデンティフィケーションからステラに変更された。

グランド・ルノーはかなりの量のアルミニウムを使用して製造された。エンジン、ブレーキ、トランスミッション、フロアボード、ランニングボード、外部のボディパネルはすべてアルミ製だった。製造された数台のうち、多くは戦争支援のためにスクラップにされた。

1931年、ルノーは商用車にディーゼルエンジンを導入した。

1920年代後半には、アメリカのプラット&ホイットニー社のユニットに対抗するために高出力の軍用エンジンを生産しようとしたが、民間用エンジンの方が良い結果を出したものの、失敗に終わった。 37] 1930年代には、同社は航空機メーカーのコードロンを買収し、小型飛行機の生産に注力した。

1920年代後半から1930年代初頭にかけて、ルノーはフランス最大の自動車メーカーとしてシトロエンに抜かれた。当時のシトロエンのモデルはルノーよりも革新的で人気があった。

ルノーはついに1936年の世界恐慌の経済危機の影響を受けた。同社は、コアとなる自動車事業を維持しつつ、コードロンとその鋳造部門と航空機エンジン部門を関連するが自律的な事業に分社化した。

第二次世界大戦とその余波
1940年のフランスの降伏後、ルイ・ルノーはナチス・ドイツのために戦車の生産を拒否し、工場を掌握した。ルノーは連合国のためにルノーUE戦車を製造していたため、代わりにトラックを製造した。1942年3月3日、イギリス空軍(RAF)はパリのビランクール工場であるイル・セギュンに235機の低空爆撃機を投下した。

パリ解放から数週間後の1944年9月の初め、ルノーのビランクール工場の門が再開された。

ルノーの混乱した状況に対応して、1944 年 9 月 27 日、ドゴールの議長国の下で閣僚会議(fr)が開催された。戦後のヨーロッパの政治は、共産主義者と反共産主義者の間で急速に二極化しており、フランスではドゴールは、レジスタンスの英雄が得られる政治的配当を独占しようとする共産党の試みに抵抗することに熱心であった。政府はルノーの工場を「徴発」することを決定した。

一方、暫定政府はルイ・ルノーをドイツ軍との共謀であると非難した。解放後間もない頃の熱狂的な雰囲気の中で、ルノーは弁護士から裁判官に出頭するように勧められた。彼は1944年9月22日にマルセル・マルタン判事の前に出頭し。

1945年1月1日、ドゴールの令により、ルイ・ルノーから死後収用された。1945年1月16日、同社は正式にRégie Nationale des Usines Renaultとして国有化された。

戦後復興

ルノー4CV
ピエール・ルフォーの指導の下、ルノーは商業的な復活と労働不安の両方を経験し、それは1980年代まで続くことになった。

1950年代初頭、ルノーはイギリスで「スタンダード・サルーン」と「ドゥ・リュクス・サルーン」の少なくとも2つのモデルを生産していた。

ルノー・フレゲート、1951年
戦時中、ルイ・ルノーは極秘裏にリアエンジンの4CVを開発し、1946年にルファショーのもとで発売された。ルノーはその後まもなく、主力モデルである2リッター4気筒ルノー・フレゲート(1951年~1960年)を発表した。この4CVは、モリス・マイナーやフォルクスワーゲン・ビートルなどのライバル車に匹敵することが証明され、50万台以上の販売台数を記録し、1961年まで生産されました。

ルノー・ドーフィン
4CVの成功後も、ルノーは戦後のフランス工業生産省の意向を無視して、後継車の開発を指揮し続けた。彼はドーフィーヌの試作品を監督し(彼が亡くなるまで)、アーティストのポーレ・マロの協力を得て、同社のテキスタイルとカラー部門を開拓した。

ドゥーフィーヌはアフリカや北米など海外での生産・販売を拡大していく中で売れていったが、その後、シボレー・コルベールのような新興の国産コンパクトカーとの競争が激化し、時代遅れになっていった。また、北米外ではフローライドと呼ばれていたルノー・キャラベル・ロードスターも販売された。

ルノー・フローライド 1958年

1964年式のルノーR8ゴルディーニは、大衆消費価格では初のスポーティなコンパクトカーであった。
1950年代には、ルノーはフランスの小規模な大型車メーカー(ソムアとラティル)を吸収し、1955年に自社のトラック・バス部門と合併して、Société Anonyme de Véhicules Industriels et d’Equipements Mécaniques (Saviem) を設立した。

1966年 ルノー4
ルノーはその後、シトロエン 2CV の実用的なライバルであるルノー 4 (1961-1992) とルノー 8 の 2 台の車を発売して成功を収めた。1966年に発売された先駆的なハッチバック、より近代的で高級感のあるルノー16で成功を収め、その後小型のルノー6が発売された。

1969年 ルノー12
1970年1月16日、ルノーは1945年の国有化されたRégie Nationale des Usines Renaultとしての復活から25周年を迎えた。その数ヶ月前の1969年10月には、ハッチバックのエンジニアリング哲学と、より保守的な「スリーボックス」デザインを組み合わせた「ルノー12」を発表していた。4ドアのルノー12は、ルノー6とルノー16の中間に位置するモデルであった。このモデルは成功を収めた。1970年はまた、ルノーが1年間に100万台以上の自動車を生産し、1,055,803台を製造した最初の年でもある。

きんだい

ルノー5ターボ

1974年 ルノー17クーペ

1986年から1993年までアルゼンチンのTC2000ツーリングカーレースシリーズで8連覇を達成したルノー・フエゴ。
1972年1月に発売されたコンパクトで経済的なルノー5は。 1970年代を通じて、R4、R5、R6、R12、R15、R16、R17がルノーの生産を維持し、ルノー18やルノー20などの新モデルが登場した。

70年代半ばには、すでに幅広い分野で事業を展開していたルノーは、より多くの産業に多角化し、東南アジアを含む世界的な拡大を続けました。エネルギー危機をきっかけに、ルノーは再び北米市場への参入を試みた。1950年代後半にアメリカで成功を収めたドーフィーヌや、ケベック州サンブルーノ・ド・モンタルビルでの組み立てプロジェクト(1964-72年)が失敗に終わったにもかかわらず、ルノーはこの10年の終わりに北米から姿を消し始めた。

ルノーは1973年にオートモービルズ・アルピーヌの支配権を取得し、数十年の間にナッシュ・モーターズ・ランブラーやその後継会社であるアメリカン・モーターズ・コーポレーション(AMC)との協力関係を築いていた。1962年から1967年まで、ルノーはベルギーの工場でランブラークラシックセダンのCKD(コンプリートノックダウン)キットを組み立てていた。 ルノーは大型車や高級車をラインナップに入れておらず、「ランブラー・ルノー」はメルセデス・ベンツ「フィンテール」の代替車として位置づけられていた。その後、ルノーはAMCのランブラー・アメリカンとランブラー・クラシックのハイブリッド車「ルノー・トリノ」をアルゼンチンで製造・販売を続けた(IKA-Renaultを通じて販売)。ルノーは、1960年代後半にロータリーコンセプトエンジンを開発するなど、他のプロジェクトでもAMCと提携した。

1960年代後半から1970年代にかけては、東欧、特にルーマニアのダチアや南米に子会社を設立し(その多くは現在も活動中)、ボルボやプジョーと技術協力協定を結んだ (例えば、1970年代後半にルノー30、プジョー604、ボルボ260に搭載されたPRV V6エンジンの開発など)。

1960年代半ばには、メルボルンにルノー・オーストラリアが設立された。R8、R10、R12、R16、スポーティなR15、R17クーペ、R18、R20などのモデルを生産・組み立てた。1981年に閉鎖された。Renault Australia は Peugeots も生産・販売していた。1977年からは、Ford Cortina ステーションワゴンを契約生産していたが、この契約を失ったことで工場は閉鎖された。

プジョーがシトロエンを買収して PSA を設立すると、ルノーとの協力関係は縮小したが、共同生産プロジェクトは維持された。プジョーとの合併に先立ち、シトロエンは1974年12月にトラック・バスメーカーのベリエ。

北米では、Renault は American Motors Corporation (AMC) と提携し、AMC に運転資金を貸し付け、1979年後半に 22.5% の株式を取得した。AMC のディーラーで販売された最初のルノーモデルは R5 で、Renault Le Car と改名された。Jeep は、新製品、特に XJ Cherokee が発売されるまで AMC を支えていた。1980年初頭に四輪駆動(4×4)トラック市場が底をつくと、AMCは倒産の危機に陥った。投資を保護するため、Renault は AMC を現金で救済したが、その価格は 47.5% の株式を支配していた。

33] XJ シリーズの初期スケッチの一部はルノーと AMC のエンジニアが共同で作成したため、Jeep XJ Cherokee は AMC とルノーの共同プロジェクトであった可能性がある (元ルノーのエンジニアが XJ シリーズの Quadra-Link フロントサスペンションを設計したにもかかわらず、AMC は XJ Cherokee は AMC の担当者が設計したと主張している) また、Jeep はルノーのホイールとシートも使用した。AMC の全体的な戦略の一部は、実用的な場合にはルノーの部品とエンジニアリングの専門知識を使用して製造コストを節約することであった。これが、由緒あるAMCの直列6気筒の改良につながった。ルノー/ベンディックスベースのポート電子燃料噴射システム(通常はRenixと呼ばれる)により、排気量は4.2リッターから4.0リッターへと減少しながらも、110馬力から177馬力(82kWから132kW)へと跳ね上がり、現代的な競争力のあるパワープラントに生まれ変わったのである。1983年にXJシリーズの後継車として構想されたXJCチェロキーのコンセプトも、ルノーがAMCを売却した後の1987年末にクライスラー社にデザインが継承されるまでは、AMCとルノーのエンジニアとの共同作業であったが、1989年にはJeep Concept 1としてデビューした(1992年4月にはJeep Grand Cherokeeへと進化)。

乗用車での Renault-AMC のマーケティング活動は、Jeep の人気に比べて成功しなかった。というのも、ルノーのラインナップが完成する頃には、第二次エネルギー危機が終わり、経済的でコンパクトな車を求める声が多くなっていたからである。1983年モデルでデビューしたルノー・アライアンス(ルノー9のアメリカ仕様車)は例外の一つである。ウィスコンシン州ケノーシャにあるAMCの工場で組み立てられた。

1980年代に米国で発売されたのは、同クラスの車としては大型の2.0リッターエンジンを搭載したオートマチックトップのコンバーチブルであるルノー・アライアンスGTAとGTAコンバーチブル、そしてルノー・フーゴ・クーペであった。アライアンスに続いて、アライアンスをベースにしたハッチバックのアンコール (Renault 11の米国版) が登場した。しかし、ルノーはすぐに品質の悪さに対する顧客からの苦情の対象となり、売上は急落した。

結局、ルノーは1987年にルノー会長のジョルジュ・ベッセがAction directeによって暗殺された後、AMCをクライスラーに売却した。Jeep-Eagle は旧 AMC からクライスラーが設立した部門である。1989年以降、Renault の輸入は終了した。AMC と Renault の提携により、全く新しいフルサイズ 4ドアセダン、Eagle Premier が開発された。このプレミアのデザインと、カナダのオンタリオ州ブラマレアにある最先端の製造施設は、イーグル・ビジョンやクライスラー300Mなどの洗練されたLHセダンの出発点となった。

1979年初頭、米国市場への進出の試みの一環として、ルノーはトラックメーカーのMackの株式を20%取得した。

1970年代後半から1980年代初頭にかけて、ルノーはF1マシンにターボチャージャーを搭載するなど、モータースポーツへの関与を強めていった。ルノーのエンジン部門の責任者であるジョルジュ・ドゥアンは、1980年以降、ルノーの多くの車種にターボチャージャー付きエンジンを導入した。1984年には、ターボチャージャーを搭載した欧州車の10%がルノーであった。 同社のロードカーのデザインは他の面でも革命的であった。第2世代のルノー5、ヨーロピアンカーオブザイヤーを受賞したルノー9、そしてルノーの中で最も豪華なエアロダイナミック25は、すべて1980年代初頭に発売された。同時に、製品の品質の悪さがブランドにダメージを与えた。不運に見舞われたルノー14は、1980年代初頭のこれらの問題の集大成だったのかもしれません。

1985年 欧州初の多目的車「ルノー・エスパス

ルノー トゥインゴは1992年から欧州でシティカーを普及させた。その6年後には、ほとんどのライバルがシティカー市場に参入し始めた。

ルノー サフラン・ビトゥルボ
リストラ
ルノーは公道とサーキットの両方で幾分かの成功を収めており、1984年のエスパスは欧州初の多目的車であり、競合他社よりも十数年前に発売された。しかし、1984年には、ルノーは月に10億フランの損失を出し、合計で125億円の損失を出していました。政府が介入し、ジョルジュ・ベッセが会長に就任した。彼は劇的なコスト削減に着手し、ルノーの非中核資産(ボルボの株式、ジタン、ユーロカー、レニックス)の多くを売却し、モータースポーツからはほぼ全面的に撤退し、多くの従業員を解雇した。後任にはレイモン・レヴィが就任したが、彼はベッセのイニシアティブを継続し、1987年末にはルノーは多かれ少なかれ財務的に安定した状態になっていた。しかし、ベッセはルノーには北米市場での存在感が必要だと確信し、AMC の再建を進めようとしていたが、レヴィは、国内でのルノーの損失、米国での AMC の損失、そしてベッセの暗殺につながった政治情勢に直面し、同年、AMC をクライスラーに売却することを決定した。

Renault 9 は、4ドアの小型ファミリーサルーンで、1981年の発売時に欧州カーオブザイヤーに選ばれた。フランスでの販売は好調だったが、このサイズでハッチバックのボディスタイルが人気を博したため、最終的には姉妹車のルノー11ハッチバックに追い越されてしまった。1984年に2代目となったルノー5は、その後も好調な販売を続けました。長く販売されていたルノー18は1986年にルノー21に置き換えられ、販売された場所によってネバダやサバンナと呼ばれる7人乗りのエステートが追加されました。1980年代のルノーの最上位モデルは、1983年末に発売されたルノー25である。

1990年には、ルノーはボルボとの連携を強化し、車両の構想コストや仕入れコストの削減を可能にする契約を締結した。ルノーは上位市場セグメントでボルボの専門知識を利用し、その見返りとしてボルボは低・中位セグメントでルノーのデザインを活用した。1993年には、両社は1994年1月1日までに経営統合する意向を表明し、株式保有比率を高めた。フランスは合併を受け入れたが、Volvo の株主は合併を拒否した。

復活したルノーは1990年代初頭に新車を発売して成功を収め、それに伴い欧州市場でのマーケティング努力が強化された。

1997年にヨーロッパでカーオブザイヤーを受賞し、コンパクトMPVとして初めて販売されたルノー・シーニック。

Renault Clio IV、5ドアまたはエステート、2006年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ルノー・キャプチャーは、2013年に初の市販化月を迎えて以来、欧州で最も売れているSUVである。

2015年 ルノー・エスパスV、SUVとMPVの要素をミックスしたクロスオーバー

2015年 ルノー タリスマン
民営化と同盟時代
最終的には、同社の国有化は弊害であると判断された。1994年までには、株式を公開投資家に売却する計画が公式に発表された。

ルノーの財務問題は、民営化によってすべてが解決したわけではなく、ルノーの社長ルイ・シュバイツァーは、当時の副社長カルロス・ゴーンに問題解決のための課題を与えた。ゴーンは、1998年から2000年までのコスト削減計画を策定し、人員削減、生産プロセスの見直し、自動車部品の標準化、新型車の投入を推進した。また、日本のシステムに触発された責任の委譲を伴うリーン生産システムの導入(「ルノー・プロダクション・ウェイ」)、作業方法の改革、テクノセンターでの研究開発の集中化などの組織改革を行い、車両の構想コストを削減しつつ、構想を加速させた。

Volvo の撤退後、Renault は、業界の統合化に対応するため、新たなパートナーを模索していた。BMW, 三菱自動車, 日産, PSA 等との交渉が行われ、Daimler との交渉が行き詰まっていた日産との関係が構築された。

日本では、ルノーは以前、輸入車販売の第一人者であるヤナセがライセンスを取得していた。しかし、1999年にルノーが日産の株式を取得したことにより、2000年春にヤナセがルノーとのライセンス契約を解除し、日産が単独ライセンスを取得したため、日本でのルノー車の販売はヤナセ店舗から日産レッドステージ店舗に移管された。

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、ルノーは反転買収の資金調達のために様々な資産を売却し。

21世紀に入ると、ルノーは個性的で奇抜なデザインの評判を高めた。第2世代のラグナとメジェーヌは野心的で角張ったデザインを採用し、成功を収めた。 2000年のラグナは、ヨーロッパで2番目に「キーレス」エントリーとイグニッションを採用した車であった。

Renault-Nissan は2010年 4月、Daimler との提携を発表した。Renault は Mercedes-Benz に 1.6L ターボディーゼルエンジンを、Mercedes-Benz は 2.0L 4気筒ガソリンエンジンを Renault-Nissan に供給した。

2010年2月、ルノーはモロッコのタンジェ近郊に年産能力17万台の新生産工場を開設した。

2010年代に入ると、ルノーは中国市場でのシェア獲得に向けて努力を強めた。2013年には、中国企業の三江との間で失敗した過去の合弁事業を基に、東風汽車集団との間で東風ルノーという名の合弁会社を設立した。

2012年12月、アルジェリアの国家投資基金(FNI)とSNVI(Société Nationale de Véhicules Industriels)、ルノーの3社は、2014年以降のシンボルユニットの生産を目指して、アルジェリアのオラン市近郊に工場を設立する契約を締結した。生産台数は2万5000台とされていた。同施設にはアルジェリア国家が51%の出資をしている。

2013年9月、ルノーは世界で4番目に人口の多いインドネシアでブランドを立ち上げ、2016年まで欧州のトップブランドになることを目指した。発売時のモデルレンジは、ダスター(現地組立)、コレオ、メジェーンRSであった。

2015年4月、フランス政府はルノーへの出資比率を15%から19.73%に引き上げ、次回の年次総会での支配力を低下させかねない決議を阻止する狙いがあった。

2016年中、ルノーは、フォルクスワーゲンの排出ガススキャンダルの結果、新しい排出ガス規制に適合するように再設計すると大幅にコストが高くなることから、欧州における小型(Bセグメント)ディーゼル車の存続可能性についての立場を変更した。ルノーは、2020年までにすべての小型車と一部の中型車(Cセグメント)がディーゼル車でなくなると考えているルノーは、他の自動車会社数社とともに、NO
x ディーゼル車による汚染 ドイツの自動車クラブADACが実施した独自のテストでは、通常の走行条件では、ルノー・エスパスを含むディーゼル車が、窒素酸化物(NOx)の欧州の法定排出基準を超えていることが証明されました。
x) を 10 回以上上回った。

2017年5月12日、ルノーの製造工場の1つのコンピューターネットワークが「WannaCry」として知られるマルウェアに攻撃され、その結果、1日の操業停止となりました。少なくとも1,200台の車両の生産が停止した。

2018年11月には、ルノーのゴーンCEOが日産の給与を過少申告した疑いで、日本企業の内部調査を受け、日本の当局者に逮捕された。逮捕が知られた後、ルノーの取引株式は15%以上下落した。

2020年5月、ルノーは販売台数の減少とCOVID-19のパンデミックの影響で、全世界で約10%に当たる1万5000人の雇用を削減することを目的としたコスト削減計画を発表した。

(2021)
ルノーは2021年1月、会社改革の一環として、自動車部門を4つの事業部門に分割すると発表した。ルノー、ダチアとラダ、アルピーヌ、モビライズ(後者は新たな「新しいモビリティサービス」のためのもの)である。

2021年2月15日、ルノーはインドでSUV「カイガー」を発売した。

イノベーション
1899年 ルイ・ルノー「運転・速度変更機構・逆転ギア」を発明し、上り坂での性能が格段に向上した。
1963年 – ルノー8が初の四輪ディスクブレーキシステムを搭載したシリアルカーとなる。
1980年 – 「完全密着型制動分配装置」で初の特許を取得
1988年、位置情報と気象情報のためのリアルタイムシステムであるCARMINAT。このプログラムは、コードEureka EU-55 CARMINATの下、1988年からヨーロッパの支援を受けた。
モータースポーツ
主な記事 ルノー・スポールとフォーミュラ・ルノー

1907年ルノー製のレプリカは、4つの存在が知られているの1つのフランスのグランプリの勝者の
ルノーは20世紀初頭、マルセル・ルノーのレースへの関心に後押しされてモータースポーツに参加し、ゴルディーニやアルピーヌなどスポーツに縁のある企業を長年にわたって買収してきました。

70年代に入ると、ルノーはルノー・スポールと呼ばれるモータースポーツ専門の部門を設立し、1978年にはルマン24時間レースでルノー・アルピーヌA442で優勝しました。ルノーは数十年にわたってラリーとF1の両方で成功を収めた。

ナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、ミハエル・シューマッハ、アラン・プロスト、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、ジャック・ビルヌーブは、ルノーのエンジンを搭載したマシンで11回のF1ドライバーズタイトルを獲得している。
また、フォーミュラ・ルノーやフォーミュラ・ルノー3.5など、さまざまなワンメイク・シングルシーター・シリーズのバックアップも行っている。これら2つのレースシリーズは、F1チャンピオンのフェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンなど、何千人ものドライバーのキャリアの一歩となった。

ルノー・スポールは、ルノー・スポールのバッドカーであるルノー・クリオRS(ルノー・スポール用)やルノー・メガーヌRSを開発・製造しておりや鈴鹿サーキットなどの各カテゴリーで世界記録を持ち、『What Car?

ルノー・チームが2度のF1タイトルを獲得した年の2005年、インディアナポリスでルノーF1を駆るフェルナンド・アロンソ

2014年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでのルノー・アルピーヌA442(1978年ル・マン24時間優勝車

ルノー・スポール R.S. 01, 2014

世界ラリー選手権初代チャンピオンに輝いたルノー・アルピーヌA110

ルノー メガーヌRS III
フォーミュラワン
主な記事。F1におけるルノー
ルノーがターボエンジンをF1に導入したのは、1977年にシルバーストーンで最初のマシン、ルノーRS01をデビューさせたときだった。ルノー・チームは1986年まで続いた。1989年からルノーはウィリアムズ・ルノーのマシンにエンジンを供給し、成功を収めている。

ルノーは2000年にベネトン・フォーミュラ・チームを引き継ぎ。 2005年のフランスGPでカルロス・ゴーンは、モータースポーツへの同社の関与についての方針を明らかにした。

“我々は習慣や伝統からF1に参加しているわけではない。我々は自分たちの才能を示すためにここにいるのであり、それを適切に行うことができることを示すために… F1は結果を出さなければコストがかかる。F1は結果が出なければ代償だが、結果が出て、それをどう生かすかを知っていれば投資になる
ルノーは2010年に優勝したレッドブル・レーシングのチームを牽引し、2010年12月には旧チームでも同様の役割を果たしたが、2009年12月以来のメインステークホルダー 5度の無敗シーズンを経て、2021年にはアルピーヌとリブランドされ、エンジンメーカーはルノーが残る。

ラリーの様子
ルノーは早くからラリーに参加している。マルセル・ルノーは1902年のパリ・ウィーンラリーで優勝したが、1903年のパリ・マドリッドラリーに参戦中に命を落とした。

1950年代から1960年代にかけて、ルノーは4CV、R8、ドーフィーヌなどの後輪駆動の小型車を製造していた。これらの車は当時のラリーに適しており、チューナーのアメデ・ゴルディーニはその性能に協力していた。

1973年、ルノーは数年間、関連会社であるオートモビル・アルピーヌの経営権を取得し、A110のようなラリーカーの製造で成功を収めた。

1976年、アルピーヌの競技部門とヴィリー・シャティヨンのゴルディーニ工場はルノー・スポールに統合されたを駆って数回の勝利を収めたものの、1994年後半に世界ラリーから引退するまではF1に焦点が移っていた。

ルノーの車はクロスカントリーレースにも参加しており、その中でも特にダカールラリーに参加している。マロー兄弟は1982年のダカールラリーでルノー20ターボ4×4プロトタイプを駆って優勝した。

その後、ルノーはルノー・メガーヌのプラットフォームを提供し。

ルノーは1970年、1999年、2004年、2005年の4回、欧州ラリー選手権で優勝している。

財務データ
数十億ユーロ単位の財務データ
年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
収入 40.932 41.055 45.327 51.243 58.770 57.419 55.537
当期純利益 0.695 1.998 2.960 3.543 5.210 3.302 -141
資産 74.992 81.551 90.605 102.103 109.943 114.996 122.171
従業員 121,807 117,395 120,136 124,849 181,344 183,002 179,565
コーポレートガバナンス
ルノーの本社はブローニュ=ビヤンクールにある。

ルノーは、取締役会、執行委員会、経営委員会によって運営されている。

製品と技術
主な記事はこちら ルノーの車両一覧
2019年グループ・ルノーの売れ筋モデル
ダチアとルノー三星マークを含む
ランク モデル 売上高
1 クリオ 433,201
2 サンデロ 409,731
3 ダスター 296,848
4 カプチュール/カプチュール 263,476
5 メーガン+セニック 253,830
6 ローガン/シンボル 207,912
7 Kwid 186,647
8 カングー 125,911
9 カジャール 125,300
10 マスター 108,760
現行モデル
現行モデルのラインアップ、導入暦年または最新のフェイスリフトを含む:

アラスカン(2016年~現在、ピックアップ
キャプチャー(2013年~現在
クリオV(2019年~現在;ハッチバック
ダスターオロチ(2015年~現在;ピックアップ
エスパスV(2015年~現在
Fluence(2010/2012年~現在、Mégane IIIプラットフォームをベースとしたサルーン
カドジャール(2015年現在
カングーII
(2009/13/13-現在)

キガー(2021年~現在
クヴィッド(2015年~現在、ハッチバック
メジャーヌIV(2016年~現在;ハッチバック、エステート
セニック3世(2009/2013年~現在、グラン・セニックとしても利用可能
シンボル(2012年、ダチアローガンをモデルチェンジ
トライバー(2019年~現在;ミニMPV
トゥインゴIII(2014年~現在、ハッチバック
トゥイージー(2012年~現在
ゾーイ(2012年~現在、ハッチバック
一部の市場では Renault ブランドで販売されている Dacia 車。

ダスター (2009年~現在)
ローガン(2004年~現在
サンデロ(2008年~現在
ロディ(2012年~現在
Renault ブランドで一部市場で販売されている Renault Samsung 車。

Talisman (2012-現在; Renault Samsung SM7)
タリスマン(2015年~現在;ルノーサムスン SM6
コレオス (2007/2013/13~現在; Renault Samsung QM5/Renault Samsung QM6)
ルノーの小型商用車。

Kangoo Express (Renault が開発し、日産 Kubistar と Mercedes-Benz Citan として一部市場で販売)
マスター (ルノーが開発し、日産インタースターやオペルモバーノとして一部市場で販売)
トラフィック (ルノーが開発し、一部の市場では Opel Vivaro, Vauxhall Vivaro, Nissan Primastar として販売)
一部の市場では Renault ブランドで販売されている Dacia の小型商用車。

Dokker (2012年~現在)
コンセプトカー
主な記事。ルノーの車両一覧です。コンセプトカー

ルノー カングーZ.E.コンセプト

ルノー エオラブ、1L/100kmのハイブリッドコンセプトカー
ルノーのコンセプトカーが未来のデザインと技術の方向性を示す ルノーは2008年から、「Z.E.」の名のもと、ゼロエミッションのためのさまざまな電気自動車のコンセプトを発表してきました。その後もコンセプトを発表し、2011年にはサルーン「フルエンス Z.E.」、2012年には「ルノー ゾーイ」の生産を開始しています。

Renault は2008年に Ondelios ハイブリッドコンセプトを発表したが。

2014年のニューデリーオートショーでは、ルノーがヘリコプタードローンを搭載した新型車「Kwid Concept」を発表した。

電気自動車
も参照してください。ルノー・日産アライアンス ゼロエミッション車

ルノー ゾーイ、航続距離210kmから230kmの純電気自動車

ルノー トゥイージー 全電動重四輪車
2013年、ルノーはその豊富なラインナップ(Twizy、Zoe、Fluence、Kangoo)により、欧州での電気自動車販売のリーダーとなった。

ルノーは2008年から、イスラエル、ポルトガル、デンマーク、米国のテネシー州とオレゴン州、日本の横浜、モナコ公国などと、計画中のゼロエミッション製品に関する協定を結んだ。

Renault-Nissan は2008年、非石油をベースとする新しい交通インフラを開発する米国企業 Better Place と、イスラエルでの電気自動車生産契約を締結した。Renault はイスラエルで年間 1~2万台の販売を目標としていた。

ルノー・日産とフランス最大の電気事業者であるエレクトリテ・ド・フランス(EDF)は、フランスで電気自動車を推進するための協定に署名した。

原油価格の高騰と環境保護の向上を背景に、個人のモビリティを確保するために、ゼロエミッション車を早期に導入することを決定しました。

– カルロス・ゴーン、ルノーと日産のCEO
ゴーン氏によると、ルノー・日産との提携は電気自動車開発の基本的なステップであり、バッテリー製造、充電インフラ、事業戦略など、他の問題についてもお互いが必要としていた。

ルノーも日産も単独でEVを成功させることはできなかったと思います。一人で電気自動車を持つことはできます。しかし、一人では持てないのは、バッテリーからリサイクル、車、インフラ、交渉に至るまで、EVのビジネスシステムだ。

– ルノーと日産のカルロス・ゴーンCEO
ルノー・日産グループはPHEV研究センターの一員である。2013年9月には、ルノーとボローレが新型電気自動車とカーシェアリングプロジェクトで協力することで合意したと発表した。

エコ
2007年、Renault は生産プラットフォームをベースに、eco² と名付けられた環境に優しい派生モデルの新ラインを発表した。最低 5% の再生プラスチックを使用し、車両の材料は 95% の再利用可能なものとした。Eco² の CO2 排出量は 140g/km を超えてはならず、バイオ燃料にも対応している。

アールリンク
問題集-new.svg
ルノーのインフォテインメントシステムR-Linkに関するこのセクションでは、一次情報源への参照に頼りすぎています。ルノーのインフォテインメントシステムR-Linkについてのこのセクションは、二次または三次ソースを追加することで改善してください。(2015年3月) (このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングについてはこちら)
問題集-new.svg
ECからの出典があるこのセクションでは、テーマに関連したソースに過度に依存している可能性があり、記事の検証性や中立性が損なわれる可能性があります。信頼できる独立した第三者のソースへのより適切な引用に置き換えることで、改善にご協力ください。(2015年3月) (このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングについてはこちら)
1980年代にルノーとCCETT研究所によって開発されたR-Linkインフォテインメントシステム[信頼できないソース?

自律走行車
ルノーは2020年までに自律走行車技術の導入を計画している。同社は2014年2月にプロトタイプであるネクストツー(『ゾーイ』をベースにした)を発表した。

車両設計
デザイン
“プレデザイン時代
初期の時代、ルノーは車のシャシーのみを製造し、ボディワークはコーチビルダーによって完成されていた。ルノーのボディワークを採用した最初の車は1905年に導入された「タクシー・ド・ラ・マルヌ」である。

ルノーのスタイリング
1961年、独立系デザイナーのフィリップ・シャルボノー(R8を担当)の協力を得て、1963年からガストン・ジュシェが率いるデザイン部門としてルノー・スタイリングを設立した。

1960年代には、ピエール・ベジエ(ベジエ曲線を普及させた人物で、1933年から1975年までルノーに勤務)が中心となって、「UNISURF」と呼ばれる社内のコンピュータ支援設計(CAD)コンピュータ支援製造(CAM)システムが導入されました。

工業デザイン部
1987年、ルノーはパトリック・ル・ケマンをチーフデザイナーに指名し。

ル・ケマンは、メジェーヌIIやヴェル・サティスなどの大胆なデザインを担当し中国(2019年)にサテライトセンターが開設された。

2009年末、ルケマンの後任は、ルノーのデザインに「サイクル・オブ・ライフ」のコンセプトを導入したLaurens van den Acker。

エンジニアリングと商品企画

ルノーツインターボエンジン
ルノーのエンジニアリングの大半は、1998年にテクノセンターがルノーの主要エンジニアリング施設となるまで分散化されていた。

2014年現在、エンジニアリングはガスパール・ガスコン・アベランがそれぞれ指揮を執っている。

テクノセンター

ゴゴット広場からテクノセンターを望む

テクノセンターは、リアルタイムの実物大の3Dモデリングシステムを持つ最初の企業の1つであった。

ルノーテック
Renault Tech(ルノー・テック)は、ルノー・スポルト・テクノロジーズ(Renault Sport Technologies)の一部門で、レ・ユリスに本社を置く。2008年に設立され、特殊用途(モビリティカー、ドライバーズスクールカー、ビジネスフリート)の自動車やバンの改造を担当している。

子会社・提携先
Groupe Renault の自動車販売台数トップ10
国別、2019年
ランク 場所 車両
売上高 市場
分け前
1 フランス 698,723 25.9
2 ロシア 508,647 29.0
3 ドイツ 247,155 6.3% 4 ブラジル 239,174 9.0
4 ブラジル 239,174 9.0
5 イタリア 220,403 10.5
6 スペイン 183,264 12.4
7 中国 179,494 0.7% 8 イギリス 109,952 4.0
8 イギリス 109,952 4.1% 9 インド 88,869 2.1
9 インド 88,869 2.5
10 韓国 86,859 5.0% A

A AvtoVAZの売上高を含む
B 甚兵衛、華松の販売を含む

マドリードにあるルノー・エスパーニャのオフィス
子会社
アフトヴァズ
主な記事。AvtoVAZ
2008年 2月、Renault は Lada シリーズで知られる AvtoVAZ の株式 25% を取得した。 VAZ は 90年代後半から戦略的パートナーを探していた。Fiat との提携を解消した後も、様々な企業との提携にはほとんど成功していなかった。

Renault は2005年に AvtoVAZ との協議を開始したが、当初は CKD が Logans を自社工場で組み立てることを主張していたが、VAZ は Lada ブランドを維持したいと考えており、新しいプラットフォームとエンジンのみを求めていた。数回の協議の末、VAZ が Fiat や Magna と提携しようとしたために中断されたが、Renault は日産との取引と同様の条件で提携に合意した。ルノーとVAZの大株主である国営企業Rosoboronexportは、ルノーがVAZへの出資比率を50%に引き上げることを協議した。

ダチア
主な記事。自動車 ダチア
1999年には、Renault はルーマニアのメーカー Automobile Dacia から 51% の株式を取得したが、後に 99.43% に引き上げられた。

ルノーサムスン自動車
主な記事。ルノーサムスン自動車
ルノーは2000年9月1日、5億6000万ドルでサムスンの自動車部門を70%で買収した。

RCI バンク
主な記事。RCI バンク
RCI バンクは、世界のルノーブランドと欧州、ロシア、南米の日産ブランドに金融サービスを提供する完全子会社である。

ルノー・リテールグループ
Renault Retail Group は、Renault が 100% 出資する欧州の自動車販売代理店である。

製造子会社
フランス工場
Batilly, 子会社の Société de Véhicules Automobiles de Batilly (SoVAB)。
チョイジー
クレオン
ディエップ、アルペン自動車ソシエ
ドゥーアイ
Douvrin, 子会社の Française de Mécanique (FM)、Renault と PSA Peugeot Citroën が折半出資。
フリンズ
グラン・クロンヌ
ル・マン、子会社のオートシャシス・インターナショナル(ACI)[223
モービュージュ、子会社のモービュージュ・コンストラクション・オートモービルズ(MCA)。
Ruitz, Renault (80%) と PSA Peugeot Citroën (20%) が所有する子会社 Société des Transmissions Automatiques (STA) 。
サンドウビル
フランス国外の製造子会社
カシア
コルメカニカ社(チリ
ルノーと東風汽車の合弁会社、東風ルノー(中国)が2013年に設立[227
Renault が過半数を出資し、JMCG を第 2 位の株主とする合弁会社 JMEV (China) の設立。
Oyak-Renault (Turkey) は、Renault と Oyak (Turkey’s Armed Forces Pension Fund) の合弁会社で、1969 年に設立された。
SNVI (51%) と Renault (49%) の合弁会社 Renault Algérie production (montage brk) (アルジェリア) は、2012年に設立された。
ルノー・アルゼンチン(アルゼンチン
ルノーとブリリアンスオートの合弁会社、2017年に設立されたルノー・ブリリアンス・ジンベイ(中国)[95
ルノー・ド・ブラジル(ブラジル
ルノー・エスパーニャ(スペイン
ルノー・インディア
ルノーインダストリーベルギー社/ルノーインダストリーベルギー社(ベルギー
Renault Med (Morocco) は、Tangier の Renault-Nissan Alliance 工場を運営する子会社である。
Renault México (メキシコ、日産の Aguascalientes 工場で生産する車)
Renault Pars (イラン) は、Renault (51%) とイラン産業開発改造機構 (IDRO) (49%) が 2004年に設立した合弁会社である。
ルノー・ロシア
Renault South Africa (南アフリカ、日産のロスリン工場で生産する車)
レボズ(スロベニア
ソファサ(コロンビア
ソマカ
アライアンス
ルノー・日産・三菱
主な記事 ルノー・日産・三菱アライアンス
Renault は日産に 43.4% 出資しており、日産は Renault に 15% の株式を保有しており (議決権はない)、実質的な支配権を有している。ルノーは、ルノーと日産のアライアンスを運営するために設立された合弁会社ルノー・日産b.v.に50%出資している。RNPO (Renault Nissan Purchasing Organization) と RNIS (Renault-Nissan Information Services) の 2つの合弁会社の運営を担当している。

日産は、エンジンの共有化やゼロエミッション技術の共同開発に加え、Renault Kangoo/日産Kubistar、Renault Master/日産Interstar、Renault Trafic/日産Primastarなど、さまざまなルノーのバンモデルにバッジを付けることで、欧州での存在感を高めた。また、ブラジルのルノー・クリオをベースにした日産プラティナのように、一部の乗用車にはバッジデザインが採用されています。ルノーの全工場で採用している基準「ルノー生産方式」は、「日産生産方式」を大きく借用しており、ルノーの生産性は 15% 向上した。この提携により、21,000人の雇用が失われ、3つの組立工場と2つのパワートレイン工場が閉鎖された。

Renault-Nissan アライアンスは2010年 3月、450億ルピー (9億9110万ドル) を投じて、インド Chennai に初の合弁工場を開設した。

ルノー・日産・三菱自動車とダイムラーの提携
2010年4月7日、ゴーンとDaimler AG CEOのDieter Zetscheは3社の提携を発表した。 ダイムラーはRenault-Nissanの株式を3.10%取得し、ルノーと日産はそれぞれ1.55%の株式を取得した。

アメリカンモーターズ
1979年、ルノーはAmerican Motors Corporation (AMC) と米国での自動車販売契約を結んだ。

提案された同盟関係
2006年6月30日、ゼネラルモーターズが緊急取締役会を開催し、株主のカーク・ケルコリアン氏がルノー・日産との提携を提案したと報道された。しかし、GM のリチャード・ワゴナー最高経営責任者 (CEO) は、提携は Renault の株主に不釣り合いな利益をもたらし、GM はそれに応じた補償を受けるべきだと考えていた。GM と Renault の協議は06年10月4日に終了した。

Renault-Nissan は2007年、インドメーカー Bajaj Auto と、Tata Nano をベースにした超低コスト車を開発するための協議を開始した。

2008年10月7日、Renault の幹部は、Chrysler との買収や提携に関心があると述べた。

2019年5月、フィアット・クライスラー・オートモービルズはルノーとの経営統合を提案した。

受賞歴
ルノーのモデルは、過去40年間で6回の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

1966: ルノー16
1982: ルノー9
1991: ルノー・クリオ
1997: ルノー・セニック
2003: ルノー・メガーヌII
2006: ルノー・クリオIII
ルノーの自動車は、スペイン、オーストラリア、アイルランド、米国、。

イタリア文化省の後援のもと、2016年版コーポレート・アート・アワードでは、ルノーは、自動車デザイナーの創造性にインスピレーションを与えたアート・コレクションに贈られる賞をpptArtが受賞した。

マーケティングとブランディング
ルノーは、5つのブランドで製品を販売している。Renault, Lada, Dacia, Renault Samsung Motors, Alpine。

ルノーバッジ
ルノーの最初のバッジは1900年に導入され、ルノー兄弟の絡み合ったイニシャルで構成されていました。1906年に量産を開始すると、歯車の形をしたロゴの中に車が入ったものを採用した。第一次世界大戦後は、FT戦車をモチーフにしたロゴを採用した。1923年には新しい円形のバッジを導入したが、1925年には「ダイヤモンド」または「ロゼンジ」となった。

ルノーのダイヤモンド・ロゴは何度も繰り返されてきた。

ウェブと印刷用のロゴはその後3回更新された。2004年には、黄色の四角の中に「Renault」の文字と「Renault Identité」の書体でよりリアルに表現されたものが取り入れられた。2007年には、Saguez & Partnersが黄色の四角の中に「Renault」の文字を入れたバージョンを制作した。

2015年4月、ルノーは「Passion for life」キャンペーンの一環として、製品ブランドとの差別化を図るために新デザインを導入した。新しいブランドロゴは、黄色の背景を黄色のストライプに置き換えた。また、新しい書体も導入された。2015年の年次総会では、ルノー、ダチア、ルノーサムスン自動車を組み込んだコーポレートロゴが発表された。

同社に関連した黄色は、ルノーが国有化された1946年のダイヤモンドバッジに最初に登場した。

1946–1959

1959–1972

3D効果のあるルノーのダイヤモンド、ビクター・ヴァザルリ作
(1972–1981)

1981–1992

ルノーダイヤモンド
(2004–2007)

ルノーダイヤモンド
(2007–2015)

ルノーのロゴ、人生のためのルノーの情熱
ルノーのロゴ 2015年

グループ・ルノーのロゴ
Groupe Renault のロゴ (ブランドに使用されている Renault Passion for Life のロゴとは異なる)

書体
ルノーMN
ルノーのロゴも、その文書(技術的なものだけでなく商業的なものも)も、歴史的にはイギリスの会社であるウォルフ・オリンズ社が開発したカスタム書体であるルノーMNを使用していました。この書体ファミリーは、書体の使用にコストがかかっていた時代に、主にコスト削減のためにデザインされたと言われている。

この書体ファミリーの小売版がURW++からルノーとして販売された。

ルノー・アイデンティティ
2004 年には、フランスの書体デザイナーである Jean-François Porchez が代替書体のデザインを依頼された。これは同年10月に発表され、Renault Identitéと呼ばれた。 OpenTypeフォント・ファミリーは、Éric de Berrangerが作成したRenaultロゴタイプから開発された。

ヘルベチカ
2007年以降、Saguez & Partnersの刷新の一環として、すべてのグラフィック広告はHelvetica Neue Condensedを使用している。

パリのアトリエ・ルノー、文化の場、ガストロノミーレストラン、自動車ショールーム
ルノーライフ
ルノー・ライフ・フォント・ファミリーは、ファウンドリのFSハックニー・フォント・ファミリーをベースにFontsmith Limitedによって作られた。

このファミリーは、3つの太さ(Life、Regular、Bold)と1つの幅の6つのフォントで構成されており、無料のイタリックが付いています。

アトリエ・ルノー・パリ
パリのシャンゼリゼ通りにあるルノーの旗艦ショールーム「アトリエ・ルノー(フランス語発音:。

ラトリエには、ルノーブティックのほか、ルノーとダチアの車をテーマにした定期的な展示会が開催されています。2階には、シャンゼリゼ通りを望む高級レストランがあります。1階では、一度に5つの展示会を開催することができます。2009年3月現在、2000万人がアトリエ・ルノーを訪れている。

ルノークラシック
主な記事。ルノー クラシック
ルノー・クラシックは、ルノーの歴史の中で注目すべき車両の収集、保存、展示を目的としたルノー社内の部門である。当初は Histoire & Collection と名付けられていたが、2002年にコレクションが組み立てられ、2003年4月24日にワークショップが正式にオープンした。

音楽
1980年代から1990年代にかけて、ルノーの欧州広告ではロバート・パーマーの「ジョニーとメアリー」が大々的に使用された。 テレビ広告では当初パーマーのオリジナル・バージョンが使用されていたが、1990年代には様々なスタイルの特別録音が制作された。

スポンサー
ルノーは1899年以来、広告手法として映画のスポンサーを務めている。ルイ・ルノーが運転するルノー・ヴォワチュレット・タイプAは、ルミエールの初期の映画のひとつに登場する。 284] また、ルノーは1920年代のアフリカを舞台にしたいくつかの映画をバックアップし、過酷な環境下での製品の信頼性をアピールしている。

ルノーは財団や研究所を通じて、奨学金を通じた教育、交通安全、多様性に焦点を当てた世界中のプロジェクトに資金を提供している。

出典:Wikipeia(英語版)