フォルクスワーゲン(企業)

フォルクスワーゲン【自動車業界】
1937年創業
本社(ドイツ・ヴォルフスブルク)
サービス提供地域 世界各国
キーパーソン ラルフ・ブランドシュテッター(ブランドCEO)

フォルクスワーゲンはドイツの自動車メーカーで、象徴的なビートルで知られ、ヴォルフスブルクに本社を置くドイツ労働戦線によって1937年に設立された自動車メーカーです。

2016年と2017年の世界販売台数では最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲングループのフラッグシップブランドである。 フォルクスワーゲンの人気車種には、ゴルフ、ジェッタ、パサート、アトラス、ティグアンなどがある。ドイツ語のVolkは「人々」を意味するので、フォルクスワーゲンは「人々の車」と訳されます。

1 歴史
1.1 1932–1938: ピープルズカープロジェクト
1.2 1939–1944: 戦時中の生産と強制収容所労働
1.3 1945–1948: イギリス軍の介入、先行き不透明
1.4 1948–1961: 戦後西ドイツのアイコン
1.5 1961–1973: ビートルからゴルフへ
1.6 1974–1990: 製品ラインの拡大
1.7 1991–1999
1.8 2000–2016: さらなる拡大
1.9 2017年現在。電気自動車に注目
2 事業内容
2.1 世界的な存在感
2.2 ワークライフバランス
2.3 ポルシェとフォルクスワーゲン法との関係
2.4 オートミュージアム
3 製品ライン
3.1 ハッチバック
3.2 SUV/クロスオーバー
3.3 地域モデル
3.3.1 中国市場
3.3.2 ブラジル市場
3.4 環境対応車
3.4.1 純エタノール車
3.4.2 フレキシブル燃料車
3.4.3 ハイブリッド車
3.4.4 プラグイン電気自動車
3.5 飛翔体
4つの論争
4.1 環境記録
4.1.1 米国のディーゼル排ガス不正
4.2 カナダの排出量料金
4.3 独裁者との連携
4.4 ナチスのスローガンをCEOが使用
4.5 人種差別的なCM
4.6 ウイグル人に対する人権侵害への共謀罪の告発
5つの賞
6 モータースポーツ
6.1 フォーミュラレース
6.2 世界ラリー選手権
6.3 ダカールラリー
6.4 世界のフォルクスワーゲンのモータースポーツ
7 文学
8 参照
9 続きを読む
10の注意事項
11 参考文献
12 外部リンク
歴史

1932–1938: ピープルズカープロジェクト

ポルシェ12型(Zündapp)の模型、ニュルンベルク産業文化博物館
フォルクスワーゲンは1937年にドイツ労働戦線(Deutsche Arbeitsfront)によってベルリンに設立された。 1930年代初頭、自動車は贅沢品であり、ほとんどのドイツ人にはオートバイ以外に手の込んだものはなく、自動車を所有しているのは50人に1人のドイツ人だけであった。潜在的な新しい市場を求めて、いくつかの自動車メーカーは独立した「人民の車」プロジェクトを開始した。

自動車技術者の先駆者であるベラ・バレニは、1920年代半ばにすでに基本的なデザインを考案していたとされています。ヨーゼフ・ガンツは、スタンダード・スーペリアを開発しました(「ドイツのフォルクスワーゲン」と宣伝していました)。ドイツでは、ハノマグ社が1925年から1928年まで、小型で安価なリアエンジン車である2/10PSの “Kommissbrot “を量産していた。

1930年代のVWのロゴ、スタイル化された歯車と回転するプロペラに囲まれた卍のようなイニシャル。
1934年、上記のプロジェクトの多くがまだ開発中または生産の初期段階にあったアドルフ・ヒトラーは、大人2人と子供3人を時速100km/h(62マイル)で運べる基本的な自動車の生産を命じた。ヒトラーは、すべてのドイツ国民が自動車を利用できるようにすることを望んでいた 。「人民車」は、第三帝国の市民が貯蓄計画によって990ライヒスマルク(1938年のドルで396米ドル)で利用できるようになるが、これは小型バイクの価格に匹敵する(平均収入は週32RM程度)。

間もなく、民間企業では990RMでは車を作れないことが明らかになった。そこでヒトラーは、フェルディナンド・ポルシェのデザインを採用した(凍結しないように空冷エンジンを採用するなど、ヒトラーの設計上の制約をいくつか加えた)新しい国有工場のスポンサーになることを選択した。その意図は、一般のドイツ人が貯蓄制度(”Fünf Mark die Woche musst du sparen, willst du im eigenen Wagen fahren” – “Fünf Mark die Woche musst du sparen, willst du im eigenen Wagen fahren” – “Five Marks a week you must set aside, if you want to ride in your own car”)を利用してこの車を購入することであり、最終的には約33万6千人がこれに出資することになった。

KdF(ドイツ語:Kraft durch Freude – “喜びを通じた力”)と呼ばれる車のプロトタイプが1938年以降に登場した(最初の車はシュトゥットガルトで生産されていた)。この車はすでに特徴的な丸みを帯びたフォルムと、空冷フラット4のリアマウントエンジンを搭載していました。VW車は、ツアーや遠足など多くのKdFのプログラムの一つに過ぎなかった。フォルクス(「人民」)という接頭語は、自動車だけでなく、ドイツではラジオ受信機「フォルクスエンペンプファウンガー」など、他の製品にも使われました。1937年5月28日、ベルリンのドイツ労働フロントによって、Gesellschaft zur Vorbereitung des Deutschen Volkswagens mbH(「ドイツフォルクスワーゲン社の準備のための会社」、略してGezuvor。

VW 82E型
フェルディナンド・ポルシェが厳選したチームの一員であり、長年にわたりオートユニオンのチーフデザイナーを務めていたエルヴィン・コメンダが、今日知られているビートルと一目でわかるプロトタイプの車体を開発した。これは、1920年代初頭からドイツの航空機の設計に用いられてきた風洞を利用して設計された最初の自動車の1つである。デザインされた車は厳しいテストを経て、記録的な100万マイルの走行距離を達成して完成となりました。

新工場の建設は1938年5月、工場の労働者のために建設された新しい町「シュタット・デ・クドルフ・ワーゲン」(現在のヴォルフスブルク)で開始された。

1939–1944: 戦時中の生産と強制収容所での労働
戦争によって生産は軍用車に変わったが、それは 82 型キューベルワーゲン(「バケットカー」と呼ばれる)の多目的車(VW の戦時中の最も一般的なモデル)と、ドイツ軍のために製造された水陸両用のシュビムワーゲンであった。フォルクスワーゲンを運転した最初の外国人の一人は、アメリカの戦争特派員アーニー・パイルであり、彼は 1943 年 5 月にチュニジアで連合軍が勝利した後、捕獲したフォルクスワーゲンを数日間使用した。

1945–1948: イギリス軍の介入、先行き不透明

ヴォルフスブルクのフォルクスワーゲン工業工場(2006年撮影
戦後の会社の存在意義は、戦時中のイギリス陸軍将校、イヴァン・ハースト少佐(REME)によるところが大きい。1945 年 4 月、KdF-シュタットと激しい爆撃を受けた工場はアメリカ軍に捕獲され、その後イギリス軍に引き渡され、町と工場は占領下に置かれました。工場はサドルワース出身のハーストの管理下に置かれた。当初の計画では、軍用車両の整備に使用し、もしかしたら解体してイギリスに出荷することも考えられていました。連合軍の解体方針は1946年後半から1947年半ばにかけて変更されたが、重工業は1951年まで解体され続けた。

工場で生産されていた戦時中の「KdF-ワーゲン」の1台は、修理のために工場に持ち込まれ、そこに放置されていました。ハーストはこの車を緑色に塗り替え、イギリス陸軍の司令部に見せた。軽輸送手段が不足していたため、1945年9月、イギリス陸軍は2万台の重要な発注をするよう説得された。しかし、生産設備は大規模な混乱に見舞われ、工場周辺は難民危機に陥り、一部の部品(キャブレターなど)は手に入らなくなっていました。ハーストと彼のドイツ人助手ハインリッヒ・ノードホフ(1949年に軍事政権が終了した後、ヴォルフスブルクの工場を経営することになった)は、驚くべき人間性と優れた工学的・経営的工夫をもって、急性の社会状況を安定させると同時に生産を再開させることに成功しました。例えばハーストは、彼の優れたエンジニアリングの経験を利用してキャブレターの製造を手配した。 最初の数百台の車は、占領軍の人員とドイツ郵便局に送られた。何人かの英国軍の職員は、彼らが復員されたときにそのビートルを英国に持ち帰ることを許可された。

1986年、ハーストは、イギリス陸軍少佐としてヴォルフスブルクを運営していたことが、一般的に誤解されていることを説明した。彼によると、敗戦したドイツ軍のスタッフは当初、長年のナチズムの影響で条件付けされていたため、不機嫌で無反応だったといい、命令にも無反応なこともあったという。ノルドフの提案で、彼は将校の制服をイギリスに送り返し、それ以来、自分の指示に従うことに苦労することはなかったという。ハーストは当時、実際には軍人ではなく軍政の民間人であったが、ヴォルフスブルクで制服姿で撮影されているのを見ることができる。少佐」という肩書きは、陸軍を去った人が礼儀として使うこともあったが、ハーストはその肩書きを使わないことにした。

戦後のドイツの産業計画では、ドイツがどの産業を維持することが許されているかを規定する規則が定められていた。この規則では、ドイツの自動車生産は1936年の自動車生産の10%を上限としていた。

第二次世界大戦当時の車名を「フォルクスワーゲン」、町名を「ヴォルフスブルク」と改め、生産量を増やしていった。工場がどうなるのかは、まだはっきりしていませんでした。アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランスの自動車産業の代表者たちに工場の建設を提案しましたが、有名なところでは全員が拒否しました。有名なことに、すべてが拒否した。工場を視察した後、イギリスのルーツ・グループの代表であるウィリアム・ルーツ卿は、このプロジェクトは2年以内に失敗するだろうとハーストに言い、この車は「……平均的な自動車購入者には魅力的ではなく、あまりにも醜く、うるさい…….. もしあなたがこの場所で車を作ろうと思っているのなら、あなたは血まみれの愚か者だ、若い男だ」 公式報告書は言った。”皮肉な運命のねじれとして、フォルクスワーゲンは1980年代に、Rootesのヒルマン・アベンジャーの現地生産版をアルゼンチンで製造したが、それはRootesが1978年にクライスラーの手によって倒産してからずっと後のことだった。

フォードの代表者たちも同様に批判的だった。1948年3月、イギリスはフォルクスワーゲンの会社をフォードに無償で提供した。エドセル・フォードの息子であるヘンリー・フォード2世が西ドイツを訪れて話し合いを行いました。ハインツ・ノードホフや、フォードの取締役会長であるアーネスト・ブリーチも同席していました。ヘンリー・フォード2世はブリーチに意見を求めたが、ブリーチは「フォードさん、私たちがここで提示されているものは価値があるとは思えません!」と言った フォードはこの申し出を受け入れ、フォルクスワーゲンはノルドホフのリーダーシップの下で自らの再建を図ることになった。

1948–1961: 戦後の西ドイツのアイコン

1949年フォルクスワーゲン「スプリットリアウィンドウ」セダン

フォルクスワーゲンカブリオレ

フォルクスワーゲン タイプ2(T1

1966年頃のオリジナル1300デラックス。

1960年代後半、ついにビートルの世界的な需要が減少し始めると、さまざまな後継車のデザインが提案されたが、ほとんどの場合、経営陣によって却下された。
1948年からフォルクスワーゲンは、象徴的にも経済的にも、西ドイツの再生の重要な要素となった。1949年、ハースト少佐は会社を去り、現在は西ドイツ政府とニーダーザクセン州政府が管理する信託として再編成されている。フォルクスワーゲンの「ビートル」セダン、あるいは「民衆の車」といえばタイプ1です。フォルクスワーゲンの商用車タイプ2(バン、ピックアップ、キャンピングカー)やスポーツカー「VWカルマン・ギア」の導入を除けば、ノルドホフは1968年に亡くなる直前までワンモデル政策を追求していました。

フォルクスワーゲンは1949年にアメリカで初めて展示・販売されましたが、初年度のアメリカでの販売台数はわずか2台にとどまりました。アメリカ市場に参入すると、VWは一時的にビクトリーワゴンとして販売されましたが、1955年4月にフォルクスワーゲン・オブ・アメリカが設立されました。1955年4月には、米国での販売とサービスの標準化を目的にフォルクスワーゲン・オブ・アメリカが設立されました。タイプ1のフォルクスワーゲン・ビートルの生産は年を追うごとに飛躍的に増加し、1955年には累計100万台に達した。

英国初のフォルクスワーゲンの正規輸入業者であるサリー州リプリーのコルボーン・ガレージズは、ドイツから帰還した兵士が持ち帰ったモデルの部品からスタートした。

カナディアン・モーターズ・リミテッドは、1952年7月10日にカナダ初のボークスワーゲンを持ち込みました(出荷指令143075)。

1955年までには、売上は順調に推移し、スカーボロのゴールデンマイルにある32エーカー(13ヘクタール)の敷地にフォルクスワーゲンの工場が建設されました。これに、管理、ショールーム、サービス、修理、部品を備えた60,000平方フィート(5,600 m2)の建物が1957年に建設され、4,000,000,000ドル分の部品を保管するための倉庫が設置された。

1959 年、VW はブラジルのサンパウロ近郊の工場で生産を開始した。

1960年8月22日、フォルクスワーゲンヴェルク社はフォルクスワーゲンヴェルクAGに社名を変更した。1960年代を通して売上は急上昇し、ニューヨークの広告代理店ドイル、デーン・バーンバッハによる有名な広告キャンペーンのおかげで10年の終わりにピークを迎えました。 鮮やかなレイアウトと機知に富んだコピーを使用して、車に関連するようになった若く洗練された消費者を魅了するために、車と同じくらい人気のある広告となった。 ほぼ一般的にビートル(またはバグ)として知られていたにもかかわらず、それはメーカーによって正式にそのようなラベルを付けられたことはなく、代わりにタイプ1と呼ばれていた。

時代遅れになりつつあったが、1960年代から1970年代初頭にかけては、アメリカへの輸出、革新的な広告、信頼性の評価の高まりにより、生産台数はそれまでの記録保持者であったフォード・モデルTを上回り、1972年2月17日には15,007,034台目のビートルが販売された。これでフォルクスワーゲンは、単一の自動車メーカーとしては史上最も多く生産された自動車の世界記録を主張することができるようになりました。1973年には、総生産台数は1,600万台を超えていました。

フォード・モデルTの記録的な販売台数と、1967年から1971年まで開催されたメキシコのバハ1000レースでの優勝を記念して、フォルクスワーゲンは初の限定車「ビートル」を生産しました。このビートルは、米国では「バハ・チャンピオン SE」として、その他の地域では「マラソン」スーパービートルとして販売された。このビートルは、ユニークな「マラソン・ブラウ」メタリックブルー塗装、スチールプレス加工された10本スポーク15インチ(38cm)マグネシウム合金ホイール、グローブボックスに取り付けられた記念の金属プレート、購入者に贈られた真正性の証明書を特徴としていた。この限定モデルのスーパービートルには、ロッカーパネルにホワイトストライプ、専用のシフターノブ、バンパーオーバーライダー、先細りのエキゾーストチップ、ダッシュボード(ステアリングホイールとグローブボックスカバーの後ろ)のフェイクウォールナットインサート、フロントバンパーに取り付けられたボッシュ製フォグランプなどのオプションがディーラーによって装着されていた。

1961–1973: ビートルからゴルフへ

1963年式VWタイプ3ノッチバック
1961年のタイプ1ビートルは、36馬力の1200cc空冷4気筒平対向OHVエンジンを搭載し、アルミ合金製のブロックとヘッドを採用していた。1966年までには1300エンジンを搭載していた。1967年には1500、1970年には1600が搭載された。空冷エンジンは、無鉛ガソリンとスモッグ規制の出現により、米国市場での人気を失った。これらの空冷エンジンは、エンジンの過熱を抑えるために燃料を多く使うようにチューニングされていたため、一酸化炭素の過剰排出につながっていました。VWの生産設備は最終的にメキシコに移されましたが、メキシコでは排ガス規制が行われていませんでした。ビートルは、容量が限られた車内暖房の不便さが少なかったアメリカ西海岸で人気を博した。アメリカ西海岸ではビーチバギーや砂丘バギーとして普及した。

1961年には、新しいタイプ3の機械式ベースをベースにしたタイプ3の4モデル(Karmann Ghia、Notchback、Fastback、Variant)を発表し、製品ラインを拡大しました。米国ではヴァリアントに「スクエアバック」という名称が使用された。

1969年には、より大型のタイプ4(411と412)が発表された。これらのモデルは、モノコック/ユニボディ構造、フルオートマチックトランスミッションのオプション、電子制御燃料噴射、より頑丈なパワープラントの導入など、それまでの車とは大きく異なっていた。

1964年、フォルクスワーゲンはオートユニオンを買収し、1969年にはNSU Motorenwerke AG(NSU)を買収しました。前者は、第二次世界大戦後に消滅した歴史あるアウディブランドを所有していました。VWは最終的にオートユニオンとNSUを合併して近代的なアウディを誕生させ、高級車ブランドとして発展させていくことになる。オートユニオンとNSUの買収は、空冷モデルの需要が減少していく中でVWが生き残っていくために必要な技術的なノウハウを両社から得たという意味で、フォルクスワーゲンの歴史の中でも重要なポイントとなりました。

フォルクスワーゲンは1971年に「スーパービートル」(131型)をラインナップに加えた。131型は、フロントサスペンションに通常のトーションバーではなくマクファーソンストラットを採用した点で、標準的なビートルとは異なっていた。スーパービートルは、フード付きのパッド入りダッシュとカーブしたフロントガラスが採用された(1973年モデルから)。ラック&ピニオン・ステアリングは、1975年以降のモデルイヤーでは、循環式ボール・ステアリング・ギアに取って代わられました。前部を2インチ(51mm)伸ばしてスペアタイヤが横になるようにし、これらを組み合わせることでフロントの使用可能なラゲッジスペースを増やした。

1973年、フォルクスワーゲンは、戦時中の82型を想起させる、軍用をテーマにした181型(ヨーロッパでは「トレッカー」、アメリカでは「シング」)を発表した。このミリタリーバージョンは、1970年から1979年までの冷戦時代にNATO時代のドイツ軍のために生産されました。アメリカのThingバージョンは1973年と1974年の2年間のみ販売された。

ヴォルフスブルクのフォルクスワーゲン4型組立ライン(1973年当時

1970 VW スクエアバック(タイプIII)
1972 年後半までに、フォルクスワーゲンは、ほぼ完成していたビートルに代わる中排気量車のプロジェクトである typ 266 を中止し、前輪駆動の水冷車に注力することを決定していた。フォルクスワーゲンのトップに就任したばかりのルドルフ・ライディングは、ミッドエンジンのレイアウトの騒音、熱、サービスの問題、ステーションワゴン化の難しさを挙げた。

フォルクスワーゲン パサート(1973年~1977年モデル
フォルクスワーゲンは 1973 年までに深刻な問題を抱えていた 。ビートルの販売はヨーロッパと北米市場で急速に減少し始めていた。VW は、Beetle 生産の終了を知っていたが、Beetle の後継車をどうするかという難問に直面していた。VWがAudi/Auto Unionを買収したことは有益だった。アウディの前輪駆動と水冷エンジンの専門知識は、フォルクスワーゲンが信頼できるビートルの後継車を生産するのに役立つだろう。アウディの影響は、パサート、シロッコ、ゴルフ、ポロという新世代のフォルクスワーゲンへの道を開きました。

シリーズの最初のモデルは、1973年に発表されたフォルクスワーゲン パサート(米国ではダッシャー)で、アウディ80のファストバックバージョンで、多くの同一のボディと機械部品を使用しています。多くの市場でエステート/ワゴンバージョンが用意されました。ヨーロッパでは、エステート/ワゴンバージョンが長年にわたって市場シェアを独占していました。

1974年春、Sciroccoがそれに続く。クーペはジョルジェット・ジウジアーロがデザインした。発売前のゴルフのプラットフォームをベースに、フォルクスワーゲンの生産能力の制約からカルマンで生産された。

1974年にフォルクスワーゲンゴルフとして登場し、アメリカとカナダでは第1世代(1975年~1985年)と第5世代(2006年~2009年)のラビットとして販売されました。角張ったスタイリングは、イタリア人のジョルジェット・ジウジアーロがデザインした。1959年のミニに見られる小型ファミリーカーのトレンドを踏襲したデザインで、ゴルフは横置き水冷エンジンをフロントに搭載して前輪を駆動し、ハッチバックを搭載していました。Wolfsburgでのビートル生産は、Golfの導入と同時に終了した。1978年までドイツの他の工場(ハノーファー工場とエムデン工場)で少量生産が続いたが、生産の主流はブラジルとメキシコに移った。

1975年には、フォルクスワーゲン ポロが続いた。これはアウディ50のバッジを付け直したもので、すぐに1978年に生産を終了しました。ポロは、1977年に登場したフォルクスワーゲン・ダービーのベースとなった。ダービーは、どう見てもポロの3ボックスデザインだった。第二世代のモデルの後、ダービーは1985年に生産中止となったが、ボディスタイルは1991年までポロ・クラシック/ポロ・サルーンの形で存続していた。

パサート、シロッコ、ゴルフ、ポロは、部品やエンジンだけでなく、多くのキャラクターを定義する特徴を共有していました。これらは、フォルクスワーゲンの転向の基礎を築いた。

1974–1990: 製品ラインの拡大

フォルクスワーゲンポロ
フォルクスワーゲンの車の範囲はすぐに他のヨーロッパの大手自動車メーカーと似たようなものになりましたが、ゴルフは導入以来、フォルクスワーゲンのラインアップの主力であり。

1980 年代には、他の地域ではゴルフのようなモデルが成功していたにもかかわらず、米国とカナダでのフォルクスワーゲンの販売は劇的に落ち込んだ。1980年の米国での販売台数は293,595台だったが、1984年には177,709台にまで落ち込んだ。

フォルクスワーゲンは1975年にベルトーネがデザインしたスタイリッシュで広々とした3ドアハッチバックのフォルクスワーゲンポロでスーパーミニ市場に参入した。この車は西ドイツと西ヨーロッパのほとんどの地域で売れ行きが良く、イギリスで人気が出た最初の外国製小型車の一つであった。1974年にAudi 50としてスタートしましたが、一部の市場でしか販売されておらず、人気がありませんでした。ポロは、すでにフィアット127とルノー5に支配されていた市場に参入し、やがてオースティン・メトロとフォード・フィエスタも含まれるようになった。

1981年、2代目ポロはハッチバック(小型のエステートカーに似ている)として発売された。1983年にはクーペ(従来のハッチバックに似ている)とクラシック(2ドアサルーン)が登場し、ラインナップが拡大された。

1983年にはMK2 Golfが発売された。1988年の初めには、第3世代のパサートが次の主要な車の発売であり、ヨーロッパ中でハッチバックのボディスタイルの人気が高まっていたにもかかわらず、フォルクスワーゲンはこのパサートのハッチバック版を生産しなかった。。

1991–1999

フォルクスワーゲン ゴルフ、北米では
1991年、フォルクスワーゲンは第3世代の「ゴルフ」を発売し、1992年の欧州カーオブザイヤーを受賞しました。1993年にはゴルフMk3とジェッタMk3が北米に到着。Golf のセダン版は、ヨーロッパでは Vento と呼ばれていたが、アメリカでは Jetta のままであった。Scirocco と後の Corrado は両方とも Golf ベースのクーペでした。

フォルクスワーゲン ニュービートル
1994年、フォルクスワーゲンは、ポロのプラットフォームをベースに、「レトロ」をテーマにしたコンセプトカー、J・メイズがデザインしたコンセプト・ワンを発表した。このコンセプトに対する好意的な反応を受けて、ゴルフのより大きなプラットフォームをベースにしたニュービートルとして市販版が開発された。

1995年には、Ford との合弁事業の結果、Ford Galaxy と SEAT Alhambra を生み出した Sharan が欧州で発売された。

同社のモデルレンジの進化は、1997年末に導入されたゴルフMk4で継続された(1999年に北米)、そのシャーシは、フォルクスワーゲングループ内の他の車のホストをスポーン;フォルクスワーゲンボラ(米国ではジェッタとして知られているセダン)、SEATトレド、SEATレオン、アウディA3、アウディTT、およびシュコダオクタヴィア。この10年間の他の主要モデルには、ゴルフよりも小型のポロや、ゴルフよりも上のセグメントのための大型のパサートなどがあります。

1998年には、会社は新しいルポ市の車を発売しました。1999年には、初の「3リッター」車を発表した。これはLupoの軽量版で、わずか3リッターのディーゼルで100kmの走行が可能で、当時世界で最も燃費の良い車であった。

2000–2016: さらなる拡大

5代目フォルクスワーゲン ジェッタ
フォルクスワーゲンは、2002年にベルント・ピッシェトラーがフォルクスワーゲングループのCEO(グループ全ブランドの責任者)に就任して以来、次々と新型車を投入してきました。2008年に発売された6代目VWゴルフは、2009年のヨーロピアン・カー・オブ・ザ・イヤーでオペル/ヴォアホール・インシグニアに次ぐ2位を獲得した。VW Jetta, VW Scirocco, SEAT León, SEAT Toledo, Škoda Octavia, Audi A3 hatchback range, 新しいmini-MPV, SEAT Altea。Golf の “ホットハッチ” パフォーマンスバージョンである GTI は、2.0L Turbocharged Fuel Stratified Injection (FSI) 直噴エンジンを搭載する。米国とカナダでは、2006年に再び Rabbit の名称で販売を開始した。

2005年には、6代目 Passat と 5代目 Jetta がデビューしたが、2008年までに Scirocco を復活させ、ラインアップをさらに拡充する計画を発表した。ヴォルフガング・ベルンハルト(フォルクスワーゲン・ブランドCEO)の「プロダクト・オフェンシブ」には、2008年にミッドサイズSUVのティグアン、パサート・クーペなどがある。2006年11月、ベルンディ・ピッシェトラーがフォルクスワーゲングループCEOの辞任を発表し、2007年初頭にアウディの世界的CEOであるマーティン・ウィンターコーンに交代した。

3代目フォルクスワーゲン シロッコ
フォルクスワーゲンの2005年の北米販売台数は22万4195台を維持。2006年度もその勢いは続き、北米の国内メーカーの販売が低迷する中、フォルクスワーゲンの北米販売は2005年比4.9%増の23万5,140台となりました。新型車の投入に伴い、フォルクスワーゲン車の生産拠点も大きく変化した。ハードトップコンバーチブルの2007年型「エオス」は、ポルトガルの新施設で生産されている。2006年現在のゴルフ/ラビットとGTIは、1989年から1998年まで北米市場向けのゴルフとGTIを生産していたメキシコのプエブラと、1999年から2006年までゴルフとGTIを生産していたブラジルのクリチバの工場ではなく、ドイツのヴォルフスブルクで生産されています(ジェッタは1989年からメキシコで主に生産されていました)。また、フォルクスワーゲンはベルギーの自動車組立工場の再構築を進めている。新モデルや製造改善への投資は、すぐに自動車評論家の間で注目されました。フォルクスワーゲンの最新車に対する好意的な評価には、GTIがConsumer Reports誌で25,000ドル以下のトップスポーティカーに選ばれたこと、Car and Driver誌の2007年の「ベスト10」に選ばれたこと、Automobile誌の2007年カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたこと、2008年のMotor Trend誌でミッドサイズのパサートがクラス第1位に選ばれたことなどがあります。

7代目フォルクスワーゲン ゴルフ
フォルクスワーゲンはダイムラーAGなどと提携し、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなどの企業やブランドの自動車やトラックにクリーンディーゼル技術「BlueTec」を搭載して販売している。米国環境保護庁によると、米国で販売されている最も燃費の良い車の10台のうち4台がフォルクスワーゲンのディーゼルエンジンを搭載している。 しかし、2007年モデルでは、米国政府の厳しい排ガス規制により、フォルクスワーゲンはほとんどのディーゼルエンジンを米国のエンジンラインアップから削除せざるを得なくなったが、2009年モデルから米国基準に適合するディーゼルエンジン(当時と思われる)の新ラインアップが米国市場に戻ってきた。これらの2009年以降のクリーンディーゼルエンジンは、フォルクスワーゲンの保証を維持するために、5%(B5)のバイオディーゼルのみでの走行に限定されている。フォルクスワーゲンは長い間、SUVをラインナップに加えることに抵抗していましたが、ポルシェがポルシェカイエンや後のアウディQ7に取り組んでいる間に、ポルシェとのパートナーシップで作られたトゥアレグの導入で屈服しました。トゥアレグはハンドリングの良さが評価されているものの、販売台数は控えめで、3列目シートがないこと、燃費が比較的悪いこと、車両重量が大きいことなどから、自動車評論家の間で批判されている。フォルクスワーゲンは、2006年のジュネーブオートショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトA」のスタイリングの影響を受けたコンパクトSUVを追加する計画を立てており、2006年7月20日、フォルクスワーゲンは「ティグアン」と呼ばれる新型車を発表した。

フォルクスワーゲンは、2003年にT4が生産中止となり、T5の米国輸出を見送って以来、偶然にも北米ではバンのラインナップが不足していました。これを改善するために、フォルクスワーゲンは2008年にアメリカとカナダ市場向けにダッジ・グランドキャラバンのバッジエンジンを搭載したフォルクスワーゲン・ルータンを発売した。

2006年9月には、カナダ市場向けに「シティ・ゴルフ」と「シティ・ジェッタ」の販売を開始した。両モデルとも当初はゴルフMk4とジェッタだったが、その後、ブラジル仕様のゴルフMk4とボーラに変更された。フォルクスワーゲンがこのようなモデルを投入したことは、サブコンパクト市場のテストと見られており、成功すれば、フォルクスワーゲンのサブコンパクト市場の繁栄の始まりとなるかもしれません。

フォルクスワーゲン パサート(3C
2011年5月、フォルクスワーゲンはテネシー州チャタヌーガにチャタヌーガ・アセンブリー工場を完成させた。チャタヌーガ・アセンブリー工場は、ニュースタントンの工場が閉鎖されて以来、VWにとって初の工場となりました。同工場では、2011年のパサートB7を皮切りに、北米市場向けに特別に設計されたフォルクスワーゲンの自動車とSUVを生産してきました。同社は最近、工場の床面積を増やすために9億ドルを投資してさらに拡大する計画を発表した。

VW XL1は2013年に限定生産が開始されました。XL1は、軽量で低燃費の2人乗り車(わずか795kg)である。

2016年後半に生産を開始した大型クロスオーバーSUVのフォルクスワーゲン アトラスは、世界第2位の自動車市場である米国でのフォルクスワーゲンの数年間の損失を終わらせることを目的としたものである。

2017年から現在に至る。電気自動車を中心に

フォルクスワーゲンID.3
2017年、フォルクスワーゲンは電気自動車(EV)にかなり力を入れる計画を発表し、2025年までに少なくとも30台のEVモデルを発売し、年間総販売台数(200万~300万台)の20~25%をEVで構成することを目標としている。

フォルクスワーゲンは2018年、オール電化のI.D.R.を発表してモータースポーツに復帰した。 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは、ロマン・デュマがI.D.R.を運転して8分弱という全時間コース記録を樹立した。

2018年9月、フォルクスワーゲンは2019年にビートル(A5)の生産を中止すると発表した。

2019年2月、フォルクスワーゲンは若年層の購入者をターゲットにしたエントリーレベルのサブブランド「ジェッタ」を中国で展開すると発表した。2019年7月に発表されたのはセダン1台とSUV2台の3モデルで。

2019年9月、フォルクスワーゲンはフランクフルトモーターショーで、新たに発表された電気自動車「ID.3」に付随して、刷新されたロゴ(従来のロゴをより薄く二次元化したもの)と新しいソニックブランディングを正式に発表した。フォルクスワーゲンは、ID.3が同社の「新時代」の幕開けを意味すると述べている。

また、フォルクスワーゲンは2019年9月、旧型のビートルモデルを電動化して走行できるようにするプログラムを発表した。電気モーターとバッテリーの更新は、ドイツのeClassics社と提携して行われるが、改造に使用される電気部品は、e-up!モデルに搭載されているものをベースにしている。

フォルクスワーゲンは2020年11月、グリーン時代の世界最大の自動車メーカーであり続けようと、今後5年間で電気自動車と自動運転車への投資を860億ドルに増やすと発表した。

フォルクスワーゲンは2021年1月、2020年の販売台数が中国で9.9%減、西欧で23.4%減、北米で17.1%減と発表した。

業務内容

この記事やセクションは、最近の出来事に傾斜しているように見えます。最近の出来事を歴史的な視点で捉え、最近の出来事以外の出来事に関連した内容を追加するようにしてください。(2017年7月) (このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)
世界的な売上高の推移。
2006–2018
年 売上高(百万円)
2006 5.7
2007 6.2
2008 6.3
2009 6.3
2010 7.3
2011 8.4
2012 9.3
2013 9.7
2014 10.2
2015 10.0
2016 10.3
2017 10.7
2018 10.8
フォルクスワーゲンは、アウディ、SEAT、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティ、スカニア、MAN、シュコダを含む複数の自動車・トラックブランドを担当する大規模な国際企業であるフォルクスワーゲングループの創業者であり、その名を冠したメンバーである。フォルクスワーゲングループのグローバル本社は、フォルクスワーゲンの歴史的な本拠地であるドイツのヴォルフスブルクにある。

フォルクスワーゲングループは、ユニットとしては欧州最大の自動車メーカーであり、従業員数は74000人を超え、販売店数は7700店を超えている。

2010年、フォルクスワーゲンは過去最高の629万台の販売台数を記録し、世界市場シェアは11.4%となった。

2019年7月、フォルクスワーゲンは自己運転車の開発に注力するスタートアップ、Argo AIに26億ドルを投資した。

世界的な存在感

フォルクスワーゲンのロゴの進化(1937年~2019年
フォルクスワーゲンは世界各地に工場を持ち、現地市場向けの自動車を製造・組立しています。ドイツの工場に加え、フォルクスワーゲンはメキシコ、米国、スロバキア、中国、インド、ロシア、マレーシア、ブラジル、アルゼンチン、ポルトガル、スペイン、ポーランド、チェコ共和国、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ケニア、南アフリカに製造・組立施設を有している。2011 年には、フォルクスワーゲンはフォーブス誌の「世界の大企業トップ 25」に選ばれている。

2014年5月現在、Volkswagenはインドで一部のエンジンの組み立てを開始し、ローカリゼーションを70%から90%に引き上げる計画である。

2016年1月、フォルクスワーゲンはアンゲラ・メルケルとアルジェリアのアブデルマレク・セラー首相との首脳会談の中で、アルジェリアに新工場を立ち上げることを発表した。 この新工場はリリザンヌに開設され、フォルクスワーゲン ゴルフVII、フォルクスワーゲン ポロ、フォルクスワーゲン キャディ、SEAT イビサ、シュコダ オクタヴィアなどの自動車を生産している。

ワークライフバランス
Volkswagenは2011年12月、ワークライフバランスの改善と燃え尽き症候群の回避を目的として、同社のBlackBerryスマートフォンの社内メール機能を勤務時間と勤務時間の前後30分に制限することで、同社の従業員評議会が可決したルールを実施することに合意した。ドイツ国内の19万人を超えるフォルクスワーゲンの従業員のうち、約1,150人がこのメール制限の影響を受けた。

ポルシェとの関係とフォルクスワーゲン法
フォルクスワーゲンは、アドルフ・ヒトラーがプロジェクトのために雇ったフォルクスワーゲンの元祖であり、フォルクスワーゲン社の共同創業者でもあるフェルディナント・ポルシェが1931年に設立したツッフェンハウゼンのスポーツカーメーカー、ポルシェと常に密接な関係を築いてきました。最初のポルシェ車である1938年のポルシェ64は、フォルクスワーゲン・ビートルから多くの部品を使用していました。1948年のポルシェ356は、チューンナップされたエンジン、ギアボックス、サスペンションなど、フォルクスワーゲンの多くの部品を使用し続けました。

両社は1969年にも協力関係を継続し、VW-ポルシェ914とポルシェ914-6を製造しました。(914-6にはポルシェの6気筒エンジンが搭載され、標準の914にはフォルクスワーゲンのエンジンが搭載されていました)。フォルクスワーゲンとポルシェは1976年に再びポルシェ912-E(米国のみ)とポルシェ924を共同開発し、アウディのネッカーサルム工場でアウディの部品を多く使用して製造されました。924は元々AUDI用に指定されていました。ポルシェ944のほとんどのモデルはそこで生産されていたが、VWの部品を使用したものははるかに少なかった。

2002年に発売されたポルシェ カイエンは、フォルクスワーゲン トゥアレグやアウディ Q7 とシャシー全体を共有しており、他の SUV と同じブラティスラバのフォルクスワーゲン工場で生産されています。

2005年9月、ポルシェは、30億ユーロの費用をかけて、Volkswagenの5%の株式を20%に引き上げることを発表した。2006年7月、ポルシェは再び所有率を25.1%に引き上げた。

2005年3月4日、欧州委員会はドイツ連邦共和国を相手取り、フォルクスワーゲンの株主が総議決権の20%以上の議決権を行使できないフォルクスワーゲン法が、欧州における資本の流れを違法に制限しているとして、欧州司法裁判所に提訴した。

Porsche は08年10月26日、VW の経営権を取得する計画を明らかにした。この日の時点で、ポルシェはフォルクスワーゲンの普通株式の 42.6% を保有しており、さらに 31.5% のストックオプションを保有していた。ニーダーザクセン州の20.1%の株式と合わせても、市場に残っている株式はわずか5.8%に過ぎず、そのほとんどが合法的に売却できないインデックスファンドであった。

2009年5月6日、両社は合併による合併を決定した。

8月13日、フォルクスワーゲン アクティengesellschaftの監査役会は、フォルクスワーゲンが率いるポルシェと統合された自動車グループを設立することで合意した。当初の決定では、フォルクスワーゲンが2009年末までにポルシェAGの株式42.0%を取得し、同族株主がポルシェ ホールディング ザルツブルクの自動車取引事業をフォルクスワーゲンに売却することになっていた。

2020年1月、フォルクスワーゲンは2番目に価値のある自動車メーカーとしてテスラ社に抜かれた。

自動車博物館
フォルクスワーゲンは1985年以来、フォルクスワーゲンの歴史に特化した博物館であるヴォルフスブルクのフォルクスワーゲン・オートミュージアムを運営しています。 実際に展示物を見学するだけでなく、世界中のヴィンテージ・フォルクスワーゲンのオーナーは、博物館が「誕生証明書」と呼ぶものをセット料金50ユーロで注文することができます。

製品ライン
フォルクスワーゲンの2019年売れ筋モデル
ランクモデル 生産量
1 ティグアン 910,126
2 ポロ/ヴィルトゥス/ベント/アメオ 706,052
3 ゴルフ 679,351
4 ジェッタ/サジター 610,327
5 パサート/マゴタン 543,706
6 ラヴィーダ 514,698
7 ボラ 345,077
8 T-Roc 328,069
9 T-クロス 274,071
10 サンタナ 244,132
主な記事です。フォルクスワーゲンの乗用車一覧
フォルクスワーゲンブランドは、グローバル製品と地域製品からなる様々なモデルを生産しており、特にヨーロッパ、中国、中南米などの大市場向けに生産しています。2019年のVolkswagen AGの年次報告書によると、フォルクスワーゲンブランドで世界的に最も売れているモデルはティグアンであり、Bセグメントレンジのポロ、ヴィルトゥス、ヴェント、アメオ、ゴルフがこれに続く。

ハッチバック
フォルクスワーゲンは、ハッチバックの生産において、ヨーロッパでは伝統的に人気のあるセグメントであるハッチバックの生産において主要なメーカーの一つであった。

SUV/クロスオーバー

フォルクスワーゲンのモデルの中で、販売台数ではフォルクスワーゲン・ティグアンが首位を獲得している。
同ブランドは2002年にフルサイズの高級SUV「トゥアレグ」を皮切りに、初のクロスオーバーSUVを発売した。2007年にはCセグメントのメインストリームSUVであるティグアンを発売するなど、ブランドのSUV拡大は続いている。2010年代半ばには、1台を正当化できるすべてのクラスの車にSUVを設定することを決め、これをブランドは「SUV攻勢」と呼んだ。

2019年には、フォルクスワーゲンブランドが現在納車している4台目のすべてがSUVであり、そのトップの貢献者はティグアンである。フォルクスワーゲンは2025年までに30以上のSUVモデルを世界中で販売し、世界販売の50%に貢献することを計画している。

SUVの拡大はMPVセグメントで犠牲者を出しており、中型MPVのシャランは2020年に段階的に廃止されることになった。

地域モデル
ちゅうごくしじょう

フォルクスワーゲン「ラヴィーダ」は、中国で最も売れているセダンです。
フォルクスワーゲンは、世界最大の単一自動車市場である中国で市場をリードしています。2019年には、同国で316万台のフォルクスワーゲンブランド車が納車されたが、その市場の重要性から、中国専用モデルがかなりの量で正当化されている。

セダンは、その広々とした内装とトランクスペースのため、中国では好まれるセグメントである。2019年、同ブランドは中国で160万台を販売した。コンパクトノッチバックやセダンのセグメントでは、サジター、ラマンド、ボーラ、サンタナ、ラヴィーダ、および他のボディスタイルの派生モデルを含むいくつかの中国専用モデルがブランドを代表している。

また、SUVの人気から、Tharu, Tayron, Tayron X, Tiguan X, T-Cross, T-Rocのリメイク版など、中国向けに特別に作られた、または改造されたSUVモデルもいくつか誕生している。

ブラジル市場

1957年から2013年までブラジルで生産されていたフォルクスワーゲン コンビ。
このブランドには、ブラジルでの特筆すべき歴史があります。フォルクスワーゲンのブラジルとの関係は、1950年代初頭にまでさかのぼります。フォルクスワーゲンは1950年にブラジルが完全組立車の輸入を禁止したことに対応して、1956年にドイツ国外での最初の製造工場としてサンパウロ近郊のサン・ベルナルド・ド・カンポに工場を建設した。

ブラジル市場の重要性から、フォルクスワーゲン・ド・ブラジルが開発・製造したフォックス、ゴル、ニバス、サヴェイロ、ヴィータス、ボヤージュなどのモデルが誕生しました。これらのモデルは一般的にラテンアメリカ全土にも輸出されています。同市場向けに製造された歴史的な車両には、ブラジリア、SP1 & SP2、1500/ヴァリアント/ヴァリアントII、カルマン・ギアTC、パラティ、スランなどがある。

環境対応車
ピュアエタノール車

フォルクスワーゲン・ド・ブラジルが1978年に開発したVWのピュアエタノール試作車。
フォルクスワーゲン・ド・ブラジルはブラジルで純粋エタノール車(E100のみ)を生産・販売していましたが、より近代的なフレックス燃料技術に取って代わられた後に生産が中止されました。1973年の石油危機への対応として、ブラジル政府はバイオエタノールを燃料として推進し始め、1975年には国家アルコールプログラムPró-Álcool-(ポルトガル語:Programa Nacional do Álcool)が開始された。

純エタノール自動車の生産と販売は、1980年代の石油高騰によるガソリン価格の急落、世界市場での砂糖価格の高止まり、サトウキビエタノール生産の燃料から砂糖へのシフトなど、いくつかの要因により、1987年から急落した。1989年半ばまでに、現地市場でのエタノール燃料供給不足により、何千台もの車がガソリンスタンドに並んでいたり、車庫で燃料切れになっていたりしたため、消費者はエタノール車を放棄せざるを得なくなった。

フレキシブル燃料車
ブラジル 2003 VW ゴル 1.6 トータルフレックス.jpg
2003年に発売されたVW Gol 1.6 Total Flexは、ブラジルで発売された初のフルフレキシブル燃料車で、ガソリンとE100の混合燃料で走行することが可能でした。その年の3月、創立50周年を迎えたフォルクスワーゲン・ド・ブラジルは、E20-E25ガソリンと100%含水エタノール燃料(E100)の混合燃料で走行可能なブラジル初の商用フレキシブル燃料車、Gol 1.6 Total Flexを現地市場に投入した の遺産である3万カ所以上の給油所がある。

フレックス燃料仕様の成功と急速な消費者の受け入れにより、2005年までにVWはフレックス燃料仕様の自動車と小型トラックを293,523台販売し、ガソリン専用車は53,074台にとどまった。

ハイブリッド車

Volkswagen Jetta Hybrid は高速道路で 48 mpg-US (20.4 km/l) を取得します。
VolkswagenとSanyoはハイブリッド車用のバッテリーシステムを開発するために提携している。

VW は、将来のすべてのモデルにハイブリッドオプションを設定する意向。”VWの開発責任者であるUlrich Hackenbergはインタビューで、「将来のVWモデルも基本的にはハイブリッドコンセプトで構成されるだろう」と述べた。ハッケンバーグは、フランクフルトモーターショーで見られたアップ!コンセプトに基づく車。

フォルクスワーゲンは2010年のジュネーブモーターショーで、2011年に予定されている2012年のトゥアレグハイブリッドの発売を発表した。 2012年には、フォルクスワーゲンのジェッタハイブリッドは、時速187マイルでハイブリッド車最速の世界記録を樹立した。

プラグイン電気自動車
2009年11月、フォルクスワーゲンは電動牽引車のグループチーフオフィサーとしてカール=トーマス・ノイマンを採用したと発表した。

フォルクスワーゲン ゴルフGTE プラグインハイブリッド充電
2016年5月現在、フォルクスワーゲングループは、小売店の顧客のために9台のプラグイン電気自動車を提供しており、そのうちの3台は、すべての電気自動車です:フォルクスワーゲンのe-アップ!。フォルクスワーゲンゴルフGTE、パサートGTE、アウディA3スポーツバックe-tron、Q7 e-tron quattro、ポルシェパナメーラS E-ハイブリッド、カイエンS E-ハイブリッドの6台のプラグインハイブリッドです。 148] また、2013年からはフォルクスワーゲンXL1(250台)とポルシェ918スパイダー(918台)の2台の限定生産のプラグインハイブリッドも生産されている。

VWグループは、主要市場で厳しくなる二酸化炭素排出量規制に対応するため、2025年までに全世界で年間約100万台の純電気自動車とプラグインハイブリッド車を販売すると見込んでいる。その中には、テスラモーターズに対抗するための2台、ポルシェのオール電気自動車「ミッションE」と、ブランド初の量産電気自動車となるアウディの「e-tron quattro」が含まれています。VWブランドの生産チーフであるトーマス・ウルブリッヒ氏によると、同社は需要が増えれば年間7万5000台ものバッテリー式電気自動車とプラグインハイブリッド車を製造する能力を持っているという。フォルクスワーゲンは2015年10月、「MEBと呼ばれるバッテリー電気自動車用のモジュラー・アーキテクチャを開発する」と発表した。標準化されたシステムは、すべてのボディ構造と車種を対象に設計され、同社は最大310ミ(500km)の航続距離を持つ情緒的に魅力的なEVを構築できるようになる」。

空飛ぶ乗り物
フォルクスワーゲンは2021年2月、「垂直移動」が自動運転技術の次のステップになる可能性があるとの声明を発表。中国で空飛ぶ車の実現可能性を模索していると発表した。

物議を醸す
こちらもご覧ください。ホロコーストに関わった企業一覧
環境記録

フォルクスワーゲンXL1, 潜在的な燃費と高い 261 mpg, 世界で最も燃費の良い車です。
1974年、Volkswagenは、特定の汚染制御システムを無効にする、いわゆる「ディフィート装置」の使用をめぐって環境保護庁から提訴された訴状を解決するために、12万ドルの罰金を支払った。訴状によると、この装置の使用は米国大気清浄法に違反しているとされています。

1996 年、フォルクスワーゲンは技術開発において、温室効果ガスや燃料消費量の削減、代替燃料の可能性、有害物質の回避などの目標を掲げ、気候保護、資源保全、ヘルスケアをテーマとした 7 つの環境目標を初めて実施した。 この目標は 2002 年と 2007 年に改訂されている。フォルクスワーゲンは、原案作成段階でISO14000を適用した最初の自動車メーカーであり、2005年9月に再認証を受けた。

2011年、グリーンピースは、CO2排出量とエネルギー効率の厳格な規制を求める法案に反対するフォルクスワーゲンを批判し始め、フォルクスワーゲンのスター・ウォーズを題材にした一連のCMをパロディ化した広告キャンペーンを開始した。

2015年、フォルクスワーゲングループは、承認試験中にそれらのモデルがCO2排出量を削減するソフトウェアを搭載した特定のエンジンモデルを製造していたことを認めた。これらのレベルは、実際のCO2濃度が道路に出た後に放出されるものから大幅に減少していた。

2013年には、フォルクスワーゲンXL1は261mpg(0.90リッター/100km)の複合燃料消費量を主張し、世界で最も燃費の良い市販車となりました。運転スタイルはこの結果に大きな影響を与えます。「通常の」運転では燃費は120mpg台(1.96リッター/100km)となります。

2017年モデルは、米国で販売されたVW車の平均26.5mpgUS, 全メーカーの平均よりも約6%良い。主要自動車メーカーの比較では、ホンダが29.4mpgUSでリードしているのに対し、Jeep, Ram, Chrysler, Fiat, Dodgeブランドを所有するFCAは21.2mpgUSで後れを取っています。

米国のディーゼル排出ガス詐欺
主な記事。フォルクスワーゲンの排出ガススキャンダル

2009年型フォルクスワーゲン「ジェッタ ディーゼルセダン」がグリーンカーオブザイヤーを受賞。2015年10月上旬に受賞が取り消された。
2015年9月18日、米国環境保護庁(EPA)は、自動車メーカーが2008年から、ディーゼルエンジンの2009~2015年モデルイヤーのフォルクスワーゲンとアウディ車によるNOx排出量の環境規制を回避するために、クリーンエア法に違反して「敗北装置」であると判断されたエンジンコントロールユニット(ECU)ソフトウェアを不適切にインストールしていたと発表した。このソフトウェアは、車が排出ガス試験を受けていることを検知し、ECUの排出ガス制御を完全に有効にして合格させた 。

2014年5月、EPAは国際クリーン輸送協議会(ICCT)からこの問題について最初に警告を受け、ウェストバージニア大学の代替燃料・エンジン・排出ガスセンター(CAFEE)がEPAのために委託した調査結果。

このニュースの後の最初の営業日、フォルクスワーゲンの株価は20%下落し、翌日にはさらに17%下落した。この日、「ディーゼルがどのようにして再設計されたか」についてのWiredとのソーシャルメディア広告が削除されたほか、「ディーゼルの老婦人たちの物語」と題した一連のYouTube広告も削除された。 。

2015年3月、元フォルクスワーゲンAGのマーティン・ウィンターコーンCEO
2016年11月2日、EPAは特定のディーゼル3.0リッターV6搭載のアウディ、フォルクスワーゲン・トゥアレグ、ポルシェ・カイエンに関連する第2回違反通知(NOV)を発出した。

2016年3月、米国連邦取引委員会は、フォルクスワーゲンの「クリーンディーゼル」車が広告よりも環境に優しいとは言えないとして、フォルクスワーゲンを虚偽広告で訴えた。

2016年11月、フォルクスワーゲンとその労働組合は、違反行為によるコストを理由に、2021年まで3万人の人員削減に合意した。しかし、電気自動車をより多く生産することで9,000人の新たな雇用が生まれることになる。

2017年1月11日、フォルクスワーゲンは排ガス不正スキャンダルについて有罪を認め、43億ドルの違約金を支払うことで合意した。フォルクスワーゲンの幹部6人が起訴された。

カナダの排出量料金
2019年12月9日、環境・気候変動カナダは、Volkswagen AGを、排出ガス基準を満たしていない約12万8000台の車をカナダに輸入したとして起訴したが、排出ガス検査を破るために設置された装置に端を発する60の告発を含む事件で、同庁との間で司法取引に合意した。

独裁者との連携
2015年には、ブラジルの活動家や元VW従業員が公の場で、1964年から1985年までブラジルの軍事独裁政権下にあった労働者への迫害について同社が沈黙していたことを告発した。

2020年9月、フォルクスワーゲンは、独裁者との協力関係を償うため、3,600万レアル(670万米ドル)に及ぶ賠償金や寄付金を含む和解案をブラジルの州検察と締結したと発表した。

ナチスのスローガンを使ったCEO
2019年、何百人もの経営者を集めた社内イベントの中で、CEOのヘルベルト・ディースは “EBIT macht frei “または “EBITがあなたを自由にする “と繰り返し発言しました。EBITとは “Earnings Before Interest & Taxes “のことです。

“Arbeit macht frei “または “Work will set you free “は、ナチスドイツのアウシュビッツ強制収容所の上に有名なスローガンとして登場した。

人種差別的なCM
2020年、フォルクスワーゲンは植民地主義への言及を含み、人種差別を示すように見えるCMを公開した。最初に批判に直面した際、同社は “描かれている人々の出自は無関係である “と述べた。その対応からさらに反発に直面した際、同社は「我々はこのことから距離を置き、謝罪する」と述べた。

ウイグル人への人権侵害への加担を告発
2020年には、オーストラリア戦略政策研究所は、フォルクスワーゲンを「新疆外のウイグル人労働者の利用から直接または間接的に利益を得ている企業」としてリストアップした。 フォルクスワーゲンはこの疑惑を否定している。

受賞歴

ニュージーランドのクライストチャーチにあるフォルクスワーゲン ポロ。フォルクスワーゲン ポロは2010年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

フォルクスワーゲン up! が2012年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
フォルクスワーゲンは、フォルクスワーゲン・タイプ 1 の「ビートル」で、1999 年のカー・オブ・ザ・センチュリー・コンペティションで、20 世紀で 4 番目に影響力のある車に選ばれた。フォード・モデルT、BMCミニ、シトロエンDSに続いている。

フォルクスワーゲンは、50年の歴史を持つ欧州カー・オブ・ザ・イヤーの受賞者を4人輩出しています。

1992年 – フォルクスワーゲン ゴルフ
2010年 – フォルクスワーゲンポロ
2013年 – フォルクスワーゲンゴルフ
2015年 – フォルクスワーゲン パサート
フォルクスワーゲンは、1949年に始まったオリジナルのカー・オブ・ザ・イヤー指定である「米国モータートレンド・カー・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を5名輩出しています。

1985年 フォルクスワーゲン GTI
1999年 フォルクスワーゲン ニュービートル(輸入COTYサブグループ
2004年 フォルクスワーゲン トゥアレグ(スポーツ・ユーティリティ・ビークルCOTYサブグループ
2012年 – フォルクスワーゲン パサート
2015年 – フォルクスワーゲン ゴルフのラインナップ
フォルクスワーゲンは、最近開発されたワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの受賞者をすでに4名輩出しています。

2009年 – フォルクスワーゲン ゴルフ
2010年 – フォルクスワーゲンポロ
2012年 – フォルクスワーゲン up!
2013年 – フォルクスワーゲンゴルフ
モータースポーツ
主な記事。フォルクスワーゲン モータースポーツ
フォーミュラレース
1963年、アメリカでは手軽に入手できるビートルのパーツを使ったフォーミュラVeeのサーキットレースが始まりました。瞬く間にヨーロッパをはじめとする世界各地に広まった。低コストでフォーミュラレースに参加できるルートとして、非常に人気が高いことが証明された。
1971年、フォルクスワーゲン・オブ・アメリカは、より強力なフォーミュラ・スーパーヴィーをスタートさせ、新しい才能の育成で有名になった。 引用] 1982年までの11年間に、ニキ・ラウダ、ヨッヘン・マス、ネルソン・ピケ、ヨッヘン・リント、ケケ・ロズベルグといった世界的に有名なF1ドライバーを輩出した。フォルクスワーゲンはまた、いくつかの勝利とF3のチャンピオンシップを獲得した。
2011年7月、ブガッティとベントレーのディレクターであるヴォルフガング・デュルハイマーはドイツの雑誌『Auto, Motor und Sport』に「もし 彼らは2018年のF1には参戦していない。
世界ラリー選手権
1981年、現在はハノーファーに拠点を置くVWは、第1世代のゴルフを発表し、スウェーデンのペル・エクランド、フランスのジャン・リュック・テリエ、そしてフィンランドのペンティ・エアリカラがラリーに参加するなど、ラリーに新たな方向性を打ち出しました。フォルクスワーゲン・レーシングUKのラリー物語の最終章は、「ワンメイク」のカストロール・ポロ・チャレンジと、2001年のポロGTI「スーパー1600」でした。
フォルクスワーゲン・モータースポーツは、2013年から2016年までの4年間、セバスティアン・オジェとコ・ドライバーのジュリアン・イングラッシアとともに、フォルクスワーゲン・ポロR WRCで世界ラリー選手権を4年連続で制覇しました。
ダカールラリー
1980年にはアウディが開発した「イルティス」で参戦し、総合1位、2位、4位、9位に入賞。
2003年には、ハノーバーを拠点とするチームがタレックという2WDバギーで参戦し、総合6位、2WDとディーゼルクラスで1位を獲得しました。
2005年には、少しパワーをアップさせたレーストゥアレグが参戦し、ドライバーのブルーノ・サビーが総合3位、ディーゼルクラス1位を獲得しました。
2006年には、改良型のレーストゥアレグが登場し、ドライバーのジニエル・デ・ヴィリエが総合2位、ディーゼルクラス1位を獲得しました。
フォルクスワーゲンは、2009年、2010年、2011年に南米で開催されたダカールラリーで優勝しました。
フォルクスワーゲンのモータースポーツの世界
ヨーロッパ:1998年に設立されたADACフォルクスワーゲン・ルポカップ(2003年にポロカップに改名、2010年から2014年までフォルクスワーゲン・シロッコRカップ)を設立し、2000年にADACニュービートルカップを開始しました。2004年には、Volkswagen Commercial VehiclesがVolkswagen Titanトラックでヨーロッパのトラックレースシリーズに参戦し、2004年と2005年のシリーズで連続チャンピオンを獲得しました。
米国。1976年には、フォルクスワーゲンはSciroccoで2000cc以下のTrans-Amシリーズに参戦し、クラス優勝を果たしました。
アルゼンチン:TC2000には1980年から1983年のチャンピオンであるフォルクスワーゲン1500や1994年のチャンピオンであるフォルクスワーゲンゴルなど、多くのフォルクスワーゲンモデルが参戦している。
1999年と2000年にはゴルフGTIでF2オーストラリアラリー選手権を制した。
フィンランド。2002年、フィンランドラリー選手権a7/(F2)でゴルフMk4キットカーのミッコ・ヒルボネンで優勝。1999年、2000年、フィンランドラリー選手権a7/(F2)でゴルフMk3キットカーで優勝。2000年、2001年、2002年にはSport 2000でフィンランド・レーシング選手権でGolf Mk4で優勝している。
オーストリア。1967年から1974年まで、オーストリアの総代理店ポルシェ・ザルツブルクは、VWビートル(1500、1302S、1303S)をヨーロッパ全域のラリーに参戦させました。1972年と1973年には、エルバ島のアクロポリスラリー(クラス1位)でオーストリア総合選手権で勝利を収めました。トップドライバーはトニー・フォール(GB)、アヒム・ヴァルムボルト(D)、ギュンター・ヤンガー(A)、ハリー・ケルストロム(S)。

出典:wikipedia(英語版)